テーマ:

勝敗にこだわり社会が「サル化」  人間社会の鏡か?

少し前になりますが 9月28日東京新聞「あの人に迫る」 インタビュー記事がありました。 霊長類のゴリラを研究してきた 京大学長に就任する 山極 寿一教授の話 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 大学は今、国際競争の中で短期に成果を出す 経済性ばかりが重視され、京大もあくせくとした 空気に覆われています。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

じじ・ばばの思いは

集団的「自衛権」行使容認 原発再稼働推進 現政権(安倍・自公)は国民不在の政策を 着実に遂行いている。 それも、憲法を無視し、法律を無視した。 戦後平和外交の恩恵を受けて来た じじ・ばば、世代は考える。   身内の不幸には最大の悲しみを覚え 他人の不幸には傍観者的立場で 一応悲しみを感じるが   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民も報道機関も目を覚まそう・・≪のど元過ぎれば熱さ忘れるでは≫許されない。憲法改悪。

  憲法9条の旗竿が倒される それも、国民が選択した事ではなく 自公という政党と言う名の利害調整団体により いとも簡単に変更されるのである。 各報道機関は ここ6月28日に至るまで 「憲法」というタイトルを封印してきた。 あくまでの 「集団的自衛権」という個別課題として 報道してきた事が、国民の理解を大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争をしないと決めた「私たち」を除外して・「戦争できる国だ」と決める上から目線の日本の政治家たち。

悪魔の3人を忘れないように 「集団的自衛権」の閣議決定。 安倍の個人的仲良し集団の提案を 正当性のある「提言」として 全国を駆け巡り その次は、 憲法の本質を離れ、 手続き論に誘導したマスコミ報道の在り方は 昨年の秘密法の報道姿勢となんら変わらない。 ==================== なぜ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~そして未来へ  

6/8  梅雨の合間晴天に恵まれた 大阪岸和田市の小学校の運動会 6年生が「表現」の団体演技での事 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 46億年前に地球が生まれ 海が出来 生物が生まれ 人間が誕生した ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 人間は文化をはぐくみ 人間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more