テーマ:放射の汚染から子供を守る

14人の怒れる母親・子供の命も守れない事なかれ主義。怒りより情けないこの国の行政の姿勢

緊急転載です。 ぜひ拡散して 全国から応援の声を・・・ 郡山の子供を放射能から守るために 14人の子供の親が 「子供疎開」の裁判を行っています。 その裁判で 郡山市の言い分は 「国の安全基準を守っている。だから安全だ」 「避難したければすればよい」 との言い分。 何と身勝手な言い分であろうか 金のある人は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校副読本でなぜ書かない福島の現実を。2020年まで原発廃止社民党スローガンは解りやすくが基本

10月15日 社民党衆議院議員 服部良一氏 さよなら原発連続講座で 社民党脱原発アクションプランの講座。 以下、IWj の動画参照。 この中で、2012年3月まで定期点検を含め 日本の原発はすべて停止する予定である (泊原発は省く) 停止しても ただ止まっている状態であるが 核の管理は続けなくてはなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山本太郎の叫びはよくわかる。この国の政府は国民を守らない。

10月16日 大阪でさよなら原発集会が開催された。 (大阪・天満橋L大阪900名参加) ゲストスピーカに 山本太郎・藤波心。二人の対談で 山本太郎は、 「社民党の原発停止を2020年までに段階的には 遅すぎる、今すぐ止めないと、明日でも大震災で 不幸な出来事が再発する可能性がある」と。 この日、社民党の服部良一衆院議員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民・公明が原発を推進し、民主が国民被ばくを推進する日本の政治。これを国民遺棄政治という。

10月1日をもって 福島県、福島第一原発事故時に発令された 緊急避難準備区域、 20㌔~30㌔範囲を解除し 帰宅OKを決定した。 5ミリシーベルトまでなら 被ばくを認めるという政府。 すなわち、今までの 放射線従事者外の 一般住民1ミリシーベルト(年)を超える被ばく量である。 5ミリシーベルトまでは国…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

米国のしもべなのである。そしてやっぱり金なのである 山口県上関選挙。

それでも今の生活を手放せない。 補助金漬けという生活。 9月25日 3000名少しの人口 山口県上関町の町長選挙で 原発補助金しか頼るものはない いわゆる原発推進派町長が当選した。 補助金漬けでどうにもならない 状況なのであろう。 地図で見れば半島の端であり 魚場も豊富な様子であるが それでも、福島原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9.19 さよなら原発東京成功は息長く運動を続け、次は未来エネルギーの道を示す事

9月19日東京明治公園での さよなら原発集会は、6万人(主催者発表)で 1000万人署名アクションプランの第一歩となりました。 私は参加できませんでしたが、仲間からの報告と netでの報告では無事に終了し、これからの取組に 弾みがついたとの事です。 「遊風の養生日記」さんが 9.20が世界で報道されている情…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

菅が辞めても被曝させた現地は変わらない。現地双葉町の避難民報告。

民主党代表選の日本記者クラブ会見 2010年の菅・小沢 両代表選の時と同じパターンで 小一郎氏、海江田支持となったとたん 海江田個人の資質とは関係ない 「小沢さん・・・」質問。 御存知 朝日の星 毎日の倉重 読売の橋本  もう一人? 聞くに堪えない偏向質問と映像である。 植草一秀氏がブログ 「倉重・星・橋本…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

放射能低線被ばくと石綿判決・声なき者は遺棄される。

3.11福島原発事故後、1号機~3号機爆発 放射能が大気に撒き散らされた時 政府とマスコミ御用学者は 声をそろえて 「人体にすぐに影響はない」と 繰り返し発表した。 多くの国民は疑いの目を向けながら 政府の「安全です」を聞いていたと思う。 実際、時間の経過共に、 放射能被ばくには 外部・内部被ばくがあり、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

行政に言いなりでは原発食物汚染被害は拡大する。大阪泉州の学校給食にも・・大人のとるべき行動は

大阪府岸和田市にも学校給にも 肥料で汚染が発覚した牛肉を 給食に使用していた。 牛肉問題が大きな社会不安となり 放射能汚染から子どもを守る全国ネットの立ち上げ等 子どもを持つ親・予定の人たちが 行動を起こし始めていますが 地方行政のう動きは鈍い。 新聞報道が8/18日である。 岸和田市教育委員会に問合せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8/6 核爆弾投下の日 事実話さず反省しない大人たちとその社会

あれから66年・もうすぐ5カ月 一度に何十万単位の命が亡くなった。 8月6日、ヒロシマに原爆投下された日 今日は甲子園で「夏の高校野球」が始まった。 大会会長、文科省大臣、高野連、ともに挨拶は 3,11大震災に絡めて 「がんばろう日本」を連発する。 そこには「福島」原発事故の話は出てこない 被災地からの球児が苦難…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

米国に本支店からも退陣を求められた菅とよく似た言い訳を繰り返す佐賀県知事。

どうしても辞めない菅。 とうとう米国支店のお仲間まで 「亡国・・菅」などといわれだした。 「居座り菅”亡国の最悪シナリオ!日米関係は崩壊へ」Zakzakより また、佐賀県古川知事。 玄海原発2号3号再稼動の「やらせメール」で 具体的手法までも提案していた。 佐賀知事「メールやネットもある」と九電に示唆 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地方自治体の真剣度が問われる「子供を守る気が在るのか」放射能汚染調査

福島の子供たちに限らず、 全国の子供たちの放射能被ばくを心配するのは 大人として当然のことと思うが 国と地方自治体はそうでもないらしい。 今日、大阪府岸和田市人口20万の市 教育委員会に食の安全について 問い合わせをした。 以下はQ/Aで簡単に書いてみる。 対応したのは教育委員会総務部のY氏としておく。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more