テーマ:さよなら原発

反原発の行動から思いから、収奪される国民から声を出す国民へと変わろう

6/26日 日本国国会衆議院で 消費税法案が談合3党で成立した 報道は消費増税に反対した 民主党所属の議員を公に「造反議員」と 全世界に発信するが、造反とは 所属する党の中での用語であり 公には反対が正しい表現でる。 国会議員の役割は、党の政策を国民に明らかにし その支持を得て国会議員となり その実現のために行動…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

私には関係ないので・・・無関心でしたが・・

大阪イシン率いる橋下大阪市長が 次々とマスコミに登場しては「改革」者ぶりを発揮している。 公務員の懲罰、教師への監視と強制評価、 個人的身体に対する刺青調査 大阪市音楽団への補助金カット 国立文楽への補助金カット 子ども園への補助金カット 連日必ずいずれかのテレビに登場する。 特に、原発再稼働の課題に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

大阪では原発問題は終わったのでしょうか。さよなら原発一千万人署名を街頭で実施しましたが。 

上記は朝日WEBより転載です。 大飯原発再稼動に向け着々と進める原発推進派ですが、 このような話も大阪では関心が薄れています。 2月5日午後から2時間 大阪天神橋商店街で署名活動を行いました。 道行く人は買い物客・観光客など色々ですが おおくの人は関心のない表情で過ぎていきます。 なぜなのでしょうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内部被ばく、年間1ミリシーベルトは本当に安全かといわれても・・

食品安全委員会の答申を受け 小宮山厚生労働大臣が決めた数値が 年間内部被ばく 「1ミリシーベルトを超えないようにする」との事 年間1000マイクロシーベルトなら 単純計算で1日2,73マイクロシーベルトである 時間にすれば、0.11マイクロシーベルトであるが この数値が安全なのかどうか不安になる。 内部被ばくで、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

14人の怒れる母親・子供の命も守れない事なかれ主義。怒りより情けないこの国の行政の姿勢

緊急転載です。 ぜひ拡散して 全国から応援の声を・・・ 郡山の子供を放射能から守るために 14人の子供の親が 「子供疎開」の裁判を行っています。 その裁判で 郡山市の言い分は 「国の安全基準を守っている。だから安全だ」 「避難したければすればよい」 との言い分。 何と身勝手な言い分であろうか 金のある人は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校副読本でなぜ書かない福島の現実を。2020年まで原発廃止社民党スローガンは解りやすくが基本

10月15日 社民党衆議院議員 服部良一氏 さよなら原発連続講座で 社民党脱原発アクションプランの講座。 以下、IWj の動画参照。 この中で、2012年3月まで定期点検を含め 日本の原発はすべて停止する予定である (泊原発は省く) 停止しても ただ止まっている状態であるが 核の管理は続けなくてはなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山本太郎の叫びはよくわかる。この国の政府は国民を守らない。

10月16日 大阪でさよなら原発集会が開催された。 (大阪・天満橋L大阪900名参加) ゲストスピーカに 山本太郎・藤波心。二人の対談で 山本太郎は、 「社民党の原発停止を2020年までに段階的には 遅すぎる、今すぐ止めないと、明日でも大震災で 不幸な出来事が再発する可能性がある」と。 この日、社民党の服部良一衆院議員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民・公明が原発を推進し、民主が国民被ばくを推進する日本の政治。これを国民遺棄政治という。

10月1日をもって 福島県、福島第一原発事故時に発令された 緊急避難準備区域、 20㌔~30㌔範囲を解除し 帰宅OKを決定した。 5ミリシーベルトまでなら 被ばくを認めるという政府。 すなわち、今までの 放射線従事者外の 一般住民1ミリシーベルト(年)を超える被ばく量である。 5ミリシーベルトまでは国…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more