テーマ:終戦・敗戦

不思議日本大発見 = 健忘症は今も続いている

不思議日本大発見 9月2日を忘れて69年。  東京湾で米艦ミズリー号上で 大日本帝国主義が引き起こした 侵略戦争に無条件降伏をし敗戦を認めた日ですが 日本の報道機関は一切の報道はありませんでした。  翌日に控えた、安倍内閣改造の政局と 人選予想の垂れ流しで、安倍政治の総括もなく 政権与党への忠誠を表明していると感じた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

69年目の夏 「終戦・敗戦」戦争責任という言葉がない日本

1945年8月15日  全国民をラジオの前に集め 神である天皇が発する玉音放送の一節です。 (幾度となく流され、皇居2重橋前の風景) 「・朕ハ時運ノ趨ク所堪へ難キヲ堪へ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ万世ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス」 訳すると 「けれども私は、時の運にも導かれ、耐えられないことにも耐え…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「終戦」と「敗戦」 69年目の夏・・

第2次世界戦争が終結して 日本では69年目。 1945年8月15日 天皇(神)が意味不明な 言葉を発した 「天皇大権に基づいてポツダム宣言の 受諾に関する勅旨を国民に宣布する文書である」 簡単に言えば、無条件降伏を宣言し その口で、「国体固持」してほしいと言っている。 今年で69年目の夏は 今までの夏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more