安倍辞任しても,政治の中身は変わらず、悪魔の政治は続くが、悪魔は永遠ではない。

安倍辞任しても中身は変わらず、悪魔の政治は続くが、悪魔は永遠ではない。
3e1ad297[1].jpg


9月2日は75年前の悪魔の政権が世界に闊歩することなく
東京湾で降伏書に署名した日である
この時こそ、マスコミは、大日本帝国日本が降伏した日として
放送すべき日なのであるが、
安倍一味と歴史改ざん主義者たちは決して認めたくない日なのです。

その日に
9月2日
悪魔を操っていた男が登場した。
悪魔の子分たちは拍手喝采している。
無批判に放送する洗脳機関テレビ。


6月18日に国会を閉じ
2か月間国会開催が憲法に規定により野党より要求されたのにも関わらず
無視続けてきた、自公安倍政権。が。

マスコミにリークしたワイドショウ
8月28日 安倍予告辞任。
事前に、連続2回病院通いこれも予告。

時の権力者が病ならひたすら隠すもの、
何故なら、「国事に空白と不安をもたらすから」となるらしいが
安倍の存在そのものが、
不安と恐怖と分断と恫喝と虚偽と隠蔽、政府の私物化。である。

本人曰く、病気でこれ以上職務を遂行できないとの弁。
職務を遂行してきたと本人が思っているのなら、それは大きな間違いで
己の欲のためにだけ政府を利用してきただけである。

安倍辞任発表を受けて、マスコミは安倍政治の総括に掛るのかと思えば
政局一辺倒。コロナから息を吹返したテレビ
安倍政治の総括もなく
次の総理は?
菅で決まり、石破おろしの為に
自民総裁選規定の全国党員投票は行わない
なぜ?石破が人気あるからと。

この場面でも、やらせ演出が見え隠れする自民党政治
若手?「全党員選挙をするように党執行部に要望書提出」
これも、やった感だけのヤラセ。

マスコミがしきりに宣伝する
議員だけで総裁を選ぶのは、国民の声を聴いていないと
では、自民党党員の投票なら国民の声を聴いた事になるのか?
この間違い洗脳放送は大問題であある

最大与党の代表が選ばれそれが議会で総理に選ばれるという事が暗黙の
了解でも(これが政党政治だと)原則は
国会議員一人ひとりが判断して選ぶのが建前であるから。
最大与党の総裁選びには、国民の声は反映されないという事実。
選ばれるであろう人物が何かを発した言葉は本来守られるべきであるが
(政治を行う者として)8年間安倍政治で、選挙の公約すら守られた事はない。

よって、政権党の代表選びにタガをはめるのは国民であり
国民の要望と違う政策をすれば選挙で審判を下すという流れがすっぽり
抜けおちているのが、政局放送である。

自民党の中の代表選び、誰が選ばれても同じ入れ物の中の人間である。
多少の大きさ使い勝手の違いはあるだろう
例えば、石破は、森加計公文書の再調査を明言したが当たり前の事が
重大事の様に放送されるのは、
安倍政治がいかに異常な政権であったかという証明でもある。

自民党政権が一度、負けた時の悔しさは忘れていないと思う
権力にしがみつくためには何でもする
それを実践したのが安倍である。
今回、菅が安倍の後継となることは確実のようであるが
菅が長期政権になろうとすれば必ず選挙をしなくてはならない。
残り1年

コロナ対策では支離滅裂。
安倍対策をそう批判して入れ替えることもあるが、忘れてはならない事
予備費という金を10兆円持っている内閣であるという事。
内閣が変われば、国会で再審議という声もあるがやる気など無し。

権力維持のためには、野党の要求する、
消費税減税、学生の学費奨学金免除、少子化対策こども手当て増額
低所得者への減税など打ち出す可能性あり
実行するかしないかは別問題である
嘘が当たり前の政党であり政権であるから。


冷静に判断しよう。
テレビの政局には意味がない。
この8年間の政治で、自分の生活がどのように変化したのか
コロナで連日感染者数を放送されるが
4月の緊急事態(特別)発令時から
今日まで感染者数だけで言えば大幅に増えているが何も対策がない

また、一番深刻なのは、非正規の首切りを(雇止めと表現するマスコミ在り)
5万人(8/31迄)
8月だけで約、9千人。
単純に家族を入れれば、10万人くらいが職を失っている。
ピンハネ派遣業者は「首切り」で後は無視の政治にも
私、正規雇用だから関係ないわでは済まないだろう。
企業の倒産も軒並み増えているのである


長く持ってもあと1年、安倍と自公維新の悪魔の政治は終わるが。
マスコミの誘導で騙されることなく、この時期に自分で考える良い癖をつけよう。

にほんブログ村政治ブログ政治・社会問題へ
お邪魔でなければ広めてください





"安倍辞任しても,政治の中身は変わらず、悪魔の政治は続くが、悪魔は永遠ではない。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント