2枚舌は伊丹・宝塚に見破られた・残念・嘘がばれたか維新の会



前節。

2013年4月14日
大阪で相互タクシー組合の大会があり、
TPPの話と
議会に全てをまかすのではなく
意見の違いを超え働く人の団結をと
挨拶をさせていただきました。

主催者からは
「小泉時代の規制緩和で
車台数・料金も自由競争
自由競争という言葉が好きな人には
快感でしょうが
大阪では5千円以上になると
料金が50%引きとなり
誰も良い思いをしない制度です。
働く労働者の賃金は上がらず、
疲労感が残る状況だが、団結は力となる」と。

*******************

4/14は
兵庫県、伊丹市、宝塚市の市長選挙投票日。
両市とも現職が勝利しました。



維新の会は、大阪府市の
住民無視行政の「実績」を
隣接する伊丹・宝塚押し付ける目論見は
完敗しました。

橋下大阪市長は
選挙告示時の応援で

「伊丹空港廃止はすぐにはしません
40年50年先を見据えてどのような
方法が良いか皆さんと考える。
即時廃止はデマです」と言う内容の発言をし。
(これはその場限りの言葉)


後半戦には、
伊丹も宝塚も大阪府に編入はどう?
(特区と言う言い方)


このような言い方は
震災瓦礫焼却では

いかに住民が反対し
疑問を呈しても

今こそ被災地の支援をしなくてはならない
いつから冷たい社会になったのか

(分断社会を進めた維新がです)
日常使われるトリックです。



最近では、大飯原発再稼働で使われました
また、大坂府市統合の
住民投票でも使われています。

「住民投票で府市統合が否決されても
統合に対する反対とは受け取らない、
方法論の問題で解決できる・・」と。

(府市統合の住民投票はまだです)


*********************

両市の市民はこのような維新橋下手法に
NOを突き付けたのです。



~~~~~~~~~~~~~~~~~

議員になりたいから、維新を名乗る。

その思想には、市民の事は2の次3の次
その結果、当選した維新の不祥事の連続が
次々と出ています。


旧既得権益集団を批判し、
新既得権益を作り上げようとする維新
その発想は、


大坂市では、
保育園、病院、大学、図書館、こども園
文化財、古典芸能、公共交通の地下鉄
市民財産を維新に親和性のある
既得権益集団に売る。

維新に群がる旧既得権益者が
名称変更維新既得権益者となるのです。

(前回のブログ記事を見てください)

+++++++++++++++++++++

維新の会が憲法改正が参議院選挙争点と
スピーカーしていますが、

憲法改正条件である2/3を参議員にて
自民・維新・みんなで多数をとる事を
目指しているのは事実でしょう。


しかし、究極の目的は、公共財と社会福祉の壊滅を
目指しているのが本音だと思っています。



TPPはそのための手段であり、
府市統合は地方自治を解体し
大資本・金融資本に都合のよい
制度作りを目指しているのです

その為には、憲法を変えなくてはならないと
彼らは言っていますが、
この部分を隠しているのです。

*******************

伊丹・宝塚の結果を
マスコミ報道を鵜呑みにしないで
大阪府市行政を見直す
きっかけとしてしなくてはと思いますが。


私も、微力でもご近所から
話しかけていきます。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
お邪魔でなければ広めてください









"2枚舌は伊丹・宝塚に見破られた・残念・嘘がばれたか維新の会" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。