検察・警察国家がみえみえの日本。カン政権と検察談合・・小沢氏強制起訴と冤罪製造組織検察

2010年10月4日
号外。小沢氏第5検察審査会にて強制起訴。
果たして本当に起訴に値するものなのか。

私自身は別段小沢氏を個人的に好き嫌いの判断ではなく
政治信条から言えば
反対の立場と考えているが
それでもこの件は起訴に値するとは言えない。

植草氏がブログで事細かに書かれているように
今の法律では起訴できないのである。
仮に政治団体が不動産を買っても
今の法律では違反ではない。

金の出入りが月をまたがり
資金の融通をしても通常では当たり前のことである。
それを違反と言うなら
世間は違反だらけである。

なぜなら、集金した金で
カンコーヒーを買い、後でそのお金を補てんしても
これは横領になる。

こんなことで罪をつくり
犯罪者をつくる、つくられる社会はおかいしい。

今回の決定が9月14日
そして発表が10月4日
なぜこの時期かは考えてみる必要がある。

大阪地検特捜部の
証拠カイザン事件で検察組織は窮地に立たされているというが
このカイザンも昨年の時点で解っていた事
村木氏の裁判前に解っていたことを今出してくる

元特捜部長・副部長が逮捕されたが
聞きなれない犯人隠避罪とかである
隠避(逃がす)ではなく
無罪の人間を有罪にしようとした
冤罪つくりの大罪人である。

間違っては困る
無罪を有罪にしようとした
大罪人である。

このような罪をごまかし
隠避などというちんけな罪ではない。

今回の小沢氏起訴は
尖閣列島での中国船長釈放で
那覇地検の検事が言ってはいけないこと
「日本の外交上・・」
そして政治家の運命をも検察が左右する組織

カンが外遊しているときに
行う常とう手段。
尖閣も小沢氏起訴も。

カンの「なにも知らない」というアリバイ作り
裏で絵を書くのはセンゴクか。

古館がいう
「起訴するとなったら、検察が説明するのです」と
9月14日検察は検察審査会に
小沢起訴できると説明した証拠である。
このとき、検察内部には
民主党代表選で小沢の票が少ないと事前に知っていた可能性が大きいい

では、誰が流したのか。
サポーターの票が不正確といわれ
当日9時には票数が漏れていたといわれる裏付けができる。

カンは権力にすがり
国民を無視し
推定無罪の原則も知らない国会議員は
検察主導の政治にはまり込み

2009年の選挙の約束を破り
政治に対して信頼感をなくし
カン政権と野党連合の翼賛政治始まりである。

最後に、第5検察審査会に申し立てをした人物は誰か
報道し、その申し立てが即日受理した理由はなぜか
明らかにしてから小沢氏の起訴報道をするべきである
それでないと報道の公平とは言えない。

すべての国民が検察権力に
無罪でも有罪にされる社会がくる。
逮捕された特捜部長と副部長。
「検察のストーリには乗らない。
黙秘権も告知されていないのに
被疑者扱い」
同じ言葉を無実の人は叫んできたのだ。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ありがとう。広くみんなに知らせてください

"検察・警察国家がみえみえの日本。カン政権と検察談合・・小沢氏強制起訴と冤罪製造組織検察" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。