知らないで済まされる。橋下大阪府知事

『子育て支援』
『子供が笑顔の大阪』
『全ての小学校の運動場を芝生に』
大阪タレント弁護士橋下大阪府知事
選挙戦では大声で訴えたスローガン。

知事就任後
人気とりか?思慮のない発言を繰り返すなか
小学校の35人学級見直し・・意味がない
大阪における女性運動の拠点となっている
ドーンセンターの廃止
などぶち上げる。

初めての知事記者会見。
小学校の35人学級見直しは修正する。と発言
朝礼暮改と問われれば
なんと言われようとかまわないと開き直り。

テレビの提灯持ちコメンテーターは
選挙のスローガンはスローガン
変えてまた変えても問題ないとよいしょする。

しかし、冷静に考えてみよう。
知事に就任して少なくても
選挙戦のスローガン公約については
説明を受けているはずである。

小学校の35人学級見直しは
府民に受けが悪いから修正したとしか思えない
その舌の乾かぬうちに出た言葉は

校区の廃止
選別教育を示唆するような発言を繰り返す
いわゆる、受験のための教育をすると言うことである。
東京杉並の中学校を真似て。

経済的にゆとりがあり
いわゆる「できる子」の選別である
反対に視れば、出来ないと思える子と
経済的にゆとりのない家庭は置き去りにすると言うこと。

熱狂的に投票をして
180万票というけども。
投票率は50%を切っている。
大阪の有権者2割の支持で動いていることを
忘れないでおこう。

決まったものは仕方がないと思うか
提灯コメンテーターのように
意味もなく中身もわからず
『宮崎の知事のようになってくれたらよい』

これこそ無籍人な発言である。
教えてください。
なにが宮崎の知事なのですか・

ただ大阪をアピールするだけなら
いくらでも他に方法がありますが
行政経験がないからと許されるわけはない。

府民に語る前に
自民党のお膳立てで
財界とは定期懇談会を持つらしい。

"知らないで済まされる。橋下大阪府知事" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント