責任を取らない、取らせない社会とは。安倍政府の国民遺棄政策を垣間見る。

責任を取らない、取らせない社会とは。

10月12日 台風19号
本州関東から東北地方を総なめて去る。
被害は、4万戸以上の浸水、7千人近い死者
テレビでは、約1週間前より、
「大型の台風が日本に上陸する、十分に注意」を
連日ニュース番組で流していた。
台風前夜には、森ビル社長とフランス料理。
uia5t[1].jpg

台風15号は9月10日に千葉県直撃
断水、停電、孤立、水害、と全県大災害を受けている最中
11日安倍は内閣改造。以下はんNHKの総理動静より抜粋。
「18時52分
初閣議「最大の課題の少子高齢化に真正面から立ち向かい、国益を確保する力強い外交を展開することで希望にあふれ、誇りある『令和日本』を切り開いていくという強い決意のもとに、内閣の総力を挙げて政策を推し進めていく」と述べる(~19:19)」
この時すでに、千葉は悲惨な状況にあり、国民は不安と生死の狭間で苦しんでいた。
のである。
これが安倍の本性。
台風通過後「二階自民幹事長は『まずまず』」と発言。

では、19号の政府対応は
12日、安倍、9時0分
「終日、来客なく公邸で過ごす」
では、前日11日は
既に台風が近畿上陸、関東へと進んでいる状況である
当然、雨風強く、気象庁は、身の安全を確保してくださいと連呼。
11日、安倍は
17時20分
安全・安心なまちづくり関係功労者表彰式(~17:33)
17時40分
台風19号に関する関係閣僚会議(~17:46)1800
18時1分
北村滋国家安全保障局長、今井尚哉総理大臣補佐官、外務省の秋葉剛男事務次官と面会(~18:24)
18時28分
官邸発
18時34分
東京・有楽町のフランス料理店「アピシウス」着 谷内正太郎前国家安全保障局長、東京大学の山内昌之名誉教授、森ビルの辻慎吾社長らと会食(~21:34)2100
21時35分
「アピシウス」発
21時40分
公邸着
(首相動静はNHK情報より)

これが、国民の安全安心を守る責任者の総理の行動である
これだけでも内閣が倒れても不思議のない事であるが倒れないで
支持率が50%以上あると報じる、読みサン系新聞テレビ。


そして、24日~25日にかけて集中豪雨がまたもや
関東首都圏も東日本を襲う。
なんの進歩もない、避難所の待遇。
40万に避難指示出して、どこに避難できる場所があるか、実際には出来ないので
自己責任で非難しろと呼びかける。

『命を守ってください、安全な場所に避難してください、今すぐに』
全て自己責任ですよと呼びかけている。

避難出来ない人は放置、東京では、ホームレスが避難所に行けば拒否される。
人間の命は地球より軽くなり、マニュアルより軽くなった社会、
「アンナ奴らと一緒に避難できるか」と差別意識が土壇場状況でも顔を出す。

危機管理は事が起こってからの行動ではなく
起こる前から想定して配置すべきことを怠っている政府の態度に怒りを感じるが
マスコミもその点を批判しないできないとは。
自衛隊は、戦闘集団として訓練をしている。

基本的に救助活動を基本としているのは消防組織。
断水で給水車が無い、電源設備がない、避難所への風呂などの設備がない、
安倍政権になってから、毎年自然災害が起こりその都度指摘されていいるが
改善されない、民生救助設備より、戦争武器は爆買い。この政権を変えない限り
被災者も含めて国民は危機の時棄民される。
眼を覚ますのには遅すぎるが、眼を開けよう。

にほんブログ村政治ブログ政治・社会問題へ
お邪魔でなければ広めてください



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント