見捨てられる人々、見捨てる人々に連帯を 

見捨てられる人々、見捨てる人々に連帯を 

ここ1ヶ月あまりに、隣の国、韓国を叩きまくる
叩く、嫌韓することで、箱画面から笑いが漏れる
また、追い打ちをかけて叩く。
韓国報道と香港報道が主流のTVマスコミ


国内の情報、参議院選挙後まったくない。
疑問も持たずに、毎日を過ごすと
NET情報では、野党の国会開催要求を与党自公が無視している
明らかに、憲法違反であるが、そんなことより
韓国「玉ねぎ」がお金になるらしい(テレビスポンサー料)

ある人が指摘していた。
テレビは企業のための箱もので、企業利益の一部を
「社会のための放送だよと押しつけがましく流している。
そんな、テレビに公平中立を期待する方が間違いだと」としても
本来の公共放送の役割を無視できないのでは。


TBS報道特集の、金平茂紀さんの話の趣旨を自分勝手に解釈して
(コモンズ№133号より)

日本のマスコミの劣化はもちろんの事であるが
辺野古、嫌韓、原発すべてに通じるのは、関係ないと思っている人の優越感
簡単に言えば差別である。

辺野古の国家の無法行為、現場での警察の違法行為、
政府の無法行為は、本来法律に照らして土砂投入を
違法土砂を投入、ばれないように情報を遮断
ドローン禁止法がその最たるもの。


辺野古の新基地建設は、建設することに意義があり
何年かかっても政権党金もうけのネタである。
1995年沖縄米兵少女暴行事件に沖縄は怒り頂点に
本土マスコミも日米地位協定を問題にした報道
米国は震えあがった、米軍基地存続が危ういと
橋本政権時(太田知事時代)
だから、普天間所属の海兵隊基地閉鎖の道となったのが
即時閉鎖が、誤魔化しの閉鎖となり今日に至っている。
「普天間の危険除去」が本質ではなく
菅官房長が話す事は歴史を無視した言い訳である
沖縄からすれば、米軍基地は要らないし
自衛隊基地も要らないのである。


嫌韓、昔日本が植民地化した事を正当化し
植民地のお陰で朝鮮は繁栄した(分断前)
戦後は、日本の金で立ち直ったという
歴史を歪曲する思想の上に、嫌韓がある
嫌韓することで、上位に存在するという錯覚が正常だとする人達。
平気でヘイト雑誌を出す日本。
安倍の嫌韓思想をまん延させる事に
ストップをかける言論人が存在することに勇気を得る。

福島原発事故、
忘れてはならない事は、只今日本は
「原子力緊急事態宣言発令中」ですよ。
しかし、事故から1年も経過しないうちに
福島原発事故は報道に載らなくなった。
特に、安倍政権の、福島アンダー何とか
ペテン賄賂5輪誘致で「おもてなし」は
原発事故放射能汚染の洗礼でおもてなし。
そして、まったく報道の現場から姿を消した。

原発事故前の被曝基準が(ベクレル)
上水0.00004から10
米 0.012から 100
魚類 0.091から 100 ほんの一例。

安心安全、勝手に逃げた市民に保証はしない。住宅退去、補助打ち切り
これが、実態ですが。

少なくとも、ほとんどの人は知っている事だ。
でも、知らない無視しておこうという意識、
これらの人は、政府の棄民政策により放棄されているのです。
そしてそのことに、眼を閉じ耳を塞ぎ口を閉ざしているのは
同罪です。

そこに、隣国の玉ねぎが登場すれば、雄弁に多弁になり
自己の非を免罪するように願いながら、差別の罪を無意識に増幅させている。

参議院選挙前に、安倍は嫌韓を煽った、テレビは当然安倍に同調
そして、国民が遅れた意識に乗せられて同調。
参議員選挙の結果となって現れる。
投票率が48%という政権にとっては政治無関心がありがたい。

国会を開かない政権を批判しないマスコミ。
開いても、本質を語らないし、政権の言葉を垂れ流す。という事を
認識しなくてはならない。
10月から国民には酷な消費増税10%
既に決まったごとく放送するところに
日本のマスコミの姿が視えます。


隠された情報を探して真実をつかむ努力を。
安倍打倒です。

にほんブログ村政治ブログ政治・社会問題へ
お邪魔でなければ広めてください


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

さとし君
2019年09月16日 23:01
嫌韓キャンペーンのおかげで国内の観光も被害にあった。ホワイト国はずしによる3つの素材の輸出禁止を韓国は乗り越えようとしてる。実際は日本の大手企業も打撃を受けた。安倍はいつ憲法改正を発議するかわからない。オリンピックを使いドサクサまぎれの中かもしれない。そういう緊張感で内外情勢を毎日読もうとしてます。今後も貴ブログにはおせわになります。
管理者
2019年10月04日 09:29
さとしさん。いつもありがとうございます。
ぼちぼち、動きながらですががんばります。