戦後74年敗戦宣言日に。



戦後74年敗戦宣言日

失わなくて良い命を失った
全ての皆さんに心より哀悼祈りを捧げます。

1945年8月15日 時の大元帥天皇は、
負けましたとは言わないで戦争終結宣言をした。
日本ではこの日が「終戦記念日」と言われる。

先の戦争で、死ななくてもよい人が世界で2000万人
日本だけでも300万人という言い方は日本の占領地域は入っていないのかも
この人たちの事を日本では「英霊」と呼ぶらしい。
死にたくて、死にたくて戦争に行った訳でなし。
徴兵検査で兵隊になり、
召集令状で兵隊になり
または、軍国教育で兵隊に仕官し、死ななくてもよい命を失くした
これこそが、大きな人類の財産の損失である。

『先陣に倒れ。。』とかをお言葉としてありがたがる日本
先陣に行かなくてもよい社会を造る為に今日があるとなぜ言えないのでしょう。

日本は、明治以降、1945年まで
侵略戦争の歴史でした。それを隠蔽する役目を果たしたのがマスコミです。
そして、近代史を教えないようにしてきたのは、政権党自民党です。
近代史を知らない、知ろうとしない国民が多数を占める
言い換えれば、戦後戦中を実体験として知らない世代。
その世代の選択は、投票に行かない、他人事で批評する
その結果
先の参議員選挙では、右翼ヘイト差別政党を誕生させる
「政党要件を満たした」としてTV画面に登場おさせるマスコミ。

これからが大人の正念場です。
侵略戦争敗戦反省日と言わなくてはなりません。

にほんブログ村政治ブログ政治・社会問題へ
お邪魔でなければ広めてください









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント