独裁者に、2000万円無ければ、生きていけないよと言われて

独裁者に、2000万円無ければ、生きていけないよと言われて

麻生とかいう金持ち大臣が、
『2000円無ければ65歳以上は生きていけないよ』と宣言され
マスコミは、年金破たんを批判するのではなく、
どうして2000万預金しておこうか?

まだ若いうちなら考えられるが、高齢者はどうするの?とか
まったく、方向の違う話で、政府の失政を隠す。
失政を隠すひとつの例でしかないが。
誤魔化すネタは山ほどある。
最近は芸人を使う事。
全ては税金で誤魔化すのだから、詐欺師と警察と裁判所の合体版

====================―――――

今、Newsweek コリン・ジョイス氏のコラムを読む機会があった
イギリスの話しである。
『貧しい人ほど「割増金」を支払い、
中・上流は「無料特典」を享受する』

簡単に言えば、
所得の低い貧困層は何かにつけて料金の割増を要求される。
光熱費も割増
ローンを組めば高金利
無害食材も割高
健康増進器具も無料すべては
富裕層の印、カードが必要と事。
高級スーパーでの買い物の後、無料コーヒ無料新聞が
無料休憩所で・・
そして、健康で長生きできるのは富裕層
年金支払いが現役時代多いと思っても、長生きの分だけ
回収率は多くなる。
との事。

まだまだ知らないことだらけ。

================

2000万無ければ生活できないと言われた日本の国民は
どうして貯めようかと考えるが。
私たちは年金として納税している。

納税とは、お金を預けているんのです。
その金がないと言われて、「はい解りました」では
アホでしょと言われても仕方ない。

安倍政治とその取り巻きは富裕層は
イギリスの様な社会を目指しているのでしょう。


公共財を民間に売るという事は
料金選別は企業の思うまま。

大阪市の市営鉄道民営化も
乗る人の所得によって料金を変えることは簡単です。
民営化された、水道も、「公園」も高速も
クレジット決済時には金利を高く取ることも。

全ては金もうけの手段なら何でも金に換えてしまう。

こんな社会を作りたいと
自民党は宣言していますが。
その典型は、消費増税10%です。

米軍武器爆買いしても、社会保障には金がない。
戦争する国つくりなのですが・・


あきらめないで
自分の頭で世界を考える旅をしてみよう。

参議員選挙がありますね。
Wとかマスコミは政権代理のアナウンスしていますが
今の政治を終わられる時ですね。

にほんブログ村政治ブログ政治・社会問題へ
お邪魔でなければ広めてください



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック