ゆきひろ社会科日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦争と簡単に言葉にするが・・

<<   作成日時 : 2018/08/21 11:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本の8月

8月6日、広島に原爆投下

8月8日、沖縄県知事翁長さんが亡くなった。
最後の最後まで沖縄の歴史を取り戻すため戦った政治家。

8月9日、長崎に原爆投下

8月15日天皇が、戦争終結を宣言した。
 日本では終戦記念日と言うが、正しくは9月2日降伏調印の日です。

毎年、この時期だけは、戦争に対する反省会のように申し訳程度に報道される。

8月20日この時点ではすでに過去の事のように誰も語らないし報道もしない。

しかし少し様子が違うのは、日ごろ政権ヨイショ放送のNHKが戦中戦後の記録を放送している。

この、大阪でも、8月14日に、大阪JR環状線京橋駅に12時ごろ大爆撃があり多数の死者が出た。

NHKの放送で一番気になったのは、『駅の子』である。
米軍の無差別爆撃で肉親を亡くしは子供たち。
戦争中は、皇軍の子供として利用され、戦後は周り大人から「浮浪児」と呼ばれ
行き場のない子供たちは大阪駅、新宿駅など身を寄せ合ってその日を過ごした。
1947年にGHQ指令で、街から「浮浪者の一掃」命令で、子ども狩りが行われた。
その後、強制施設に閉じ込められて、空腹の為に餓死する子どもも。・・・・

何故気になるのか。たまたま私は田舎の中で空襲にも合わず・・(まだ生まれていないが)
学校では教えてくれない戦争。
戦争は戦闘員がするのではなく、実は普通の人が一番の戦争に参加刺さられるという事を
考えさせられた。今更ながらですが。

さて、この悲惨な戦争行為を、嘘でも煽り己の欲望を満たそうとする輩がいる。
彼らは決して戦争の被害者にはならない。

にほんブログ村政治ブログ政治・社会問題へ
お邪魔でなければ広めてください


伊波洋一ブログ伊波洋一

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ランキングに参加しています。1日1回クリックお願いします

人気ブログランキングへ1回クリックお願いします

「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー

伊波洋一ブログ伊波洋一
戦争と簡単に言葉にするが・・ ゆきひろ社会科日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる