じじ・ばばの思いは



集団的「自衛権」行使容認
原発再稼働推進

現政権(安倍・自公)は国民不在の政策を
着実に遂行いている。
それも、憲法を無視し、法律を無視した。

戦後平和外交の恩恵を受けて来た
じじ・ばば、世代は考える。
 
身内の不幸には最大の悲しみを覚え
他人の不幸には傍観者的立場で
一応悲しみを感じるが
 
今、起こりつつある現実は
最早他人事では済まされないところに来ている。

口では、残り少ない人生と言いながらも
実際は決して「残り少ない」とは思っていない。
 
では、のこり多い人生で次世代に何を託し遺して行けるのか
金かそれとも安心感か?それとも、「国」を守る力か?

物事には表裏があると自覚しながら
裏側を見たくないという気持ちもある。

安倍が、集団的自衛権行使を説明する時
「人が殺され・殺す」事に触れないのは
裏側をみせる事で矛盾が大きくなる事が解っているからである。
 
じじ・ばばに課せられた課題は
本当の事を話す事ではないだろうか。
 
社会そのものが無意識のうちに自主規制をはじめている
中で、声をあげられるのは、じじ・ばばである。
世間から、うるさいと非難されても、
声を出し続ける事が重要で
声が出せなくなった時、考える事も許されない社会が到来した証拠である

もうすぐ、「敗戦であり終戦」の日がくる
もう一度、生きる事で何が大切かを
ひろめ考える機会したい。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
お邪魔でなければ広めてください


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック