戦争は人間が仕掛けるもの・国家などと抽象的なものではない. 品川正冶氏



表題は
品川正治氏の言葉である。

以下は「」中は
「戦争を伝えることば・
いらだつ若者を前にして」
(かもがわ出版)より
【2013年8月29日に亡くなりました】

画像


憲法解釈で集団的自衛権を行使しようとする
安倍政権とそれを支える公明・民主・みんな・維新
すでに翼賛体制化した国会において
「それを変えれるのは国民の意思であると述べている。」

マスコミが、集団的自衛権の手続き論に誘導し
本来の憲法合否を避けている現状は
大日本帝国主義時代のマスコミと
なんら変わらない状況である。
事の本質をごまかし、隣国との軋轢を高めているかを
報道できないじょうきょうである。

品川氏は解りやすく述べている。
「戦争をするという事は
主権者が入れ替わることで
すなわち、国民主権から
戦争遂行者が主権者になることである」と


なぜ日本国憲法の中9条が生まれ
今日までかろうじて守られてきたのか
その事が抜け落ちているなら
現憲法そのものの存在意義がない。

アメリカ大事という人に対して
「アメリカは戦争をしている国
戦争をしていない日本と価値観が同じと言えますか、
なぜ、はっきりと価値観が違いますと言えないのですか」
と言いきっている。


「外交官を前にして話した事、
外交官はアメリカにノーとは言えませんが
言えるのは国民ですと」
この言葉は大変重要です
国民が動かない限り
日本はアメリカの下請けになり
世界で戦争を(人が死ぬ)繰り返すことになる。



「9条の旗はボロボロですが
まだ竿がのこっています。
この竿に9条を復活させる
旗をつけれるのは、
政治家でもなければ官僚でもない
私たち国民であると」


その為には国民が声を上げ続ける事です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上が私の感想。
現在の格差の事も書かれていますが
安倍の行おうとする政治は
国民の為の政治ではなく
経済優先国民生活無視
軍需産業の国を目指しているのは
紛れもな事実です。

それに目をつむり、黙する事が
私たちの普遍的権利を自ら放棄している
事を自覚しなければなりません。


集団的自衛権は手続き論で論じるのではなく
憲法違反であると
堂々と主張しなくてはいけないと思います。

(文責 管理者)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
お邪魔でなければ広めてください



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ウソつき自民の岸田外相に核廃絶のメッセージを出す資格ナシ、核原料を大量副生産する原発の廃止宣言が先だ

    Excerpt: 「軍縮・不拡散イニシアチブ(NPDI)」の外相会合が今日12日に広島市で開かれたが、岸田文雄外相は11日夜のレセプションで「被爆地広島から世界に向け政治的なメッセージを発するまたとない機会だ」と強調し.. Weblog: 国民の生活が第一は人づくりにあり racked: 2014-04-12 20:26
  • 炎上を強く希望

    Excerpt: 掲示板での炎上を強く希望します。世界最大規模での炎上・祭り(まつり)を希望いたします。掲示板にどのようなことを書いて頂いてもかまいません。このブログを炎上させて下さるの ... Weblog: 人殺し警察官 逮捕協力のお願い racked: 2014-04-15 03:44
  • グリーン・ゾーン: アメリカ軍ゴルフ場地図

    Excerpt: カリフォルニア州から、韓国の非武装地帯DMZまで、ペンタゴンはおよそ200箇所のゴルフ場を運営している Mother Jones2014年1月19日Mother Jones エリック・Wuestewa.. Weblog: マスコミに載らない海外記事 racked: 2014-04-20 20:17