100年の大計・誰のためのTPPより、階級闘争である。①


TPP絶賛5大紙
言うまでもなく、全国紙である。

読売・朝日・毎日・産経・日経
全てが同じ見出しタイトルとは恐れ入った。


主張は(参加するのが遅い)であり
反面地方紙は疑問を呈する紙面も多くあるが。

では、誰のためのTPP参加なのか、
TPP議論の中身も不明な中。

マスコミは自らの足で
情報を集める事すらせず
(完全秘密主義で出来ないのである
米国議会においても同じとの指摘もあり)


安倍とオバマの会談で
安倍が「日本国益を守れる」と。
その言葉だけを垂れ流した事。


関税問題に矮小化し、
非関税問題にはスル―している事。

多くの国民は何も知らされていない
この現実をどのようにとらえているのか
安倍の「私を信じてください」は


画像


(この男に白紙委任しますか)




白紙委任せよと言っているに過ぎない。

さて、TPP誰が利益を得るのかという前に

「新自由主義はグローバル企業の競争力回復のため、
それを妨害する既存の政治制度の全面的改変を目指す
運動と体制であり・・・エリート権力の回復
維持という要求に衝突する場合には新自由主義原理は
放棄又は見分けがつかないほどねじ曲げられる」
(ディヴェト・ハヴェイ 新自由主義の渡辺治の項より)
TPPを新自由主義ととらえるのであれば
この意味がすんなり頭の中に入ってくる。


要するに、一部の集団、資本階級と言われる
エリート階級のための制度であるという事が
では労働者階級がどの位置に属するのか

私は労働者階級が30年の間に
3層に分けられていると考えている
労働者1層 エリート集団
労働者2層 中間層(安定労働)
労働者3層 不安定労働

1層をTPPにして資本階級エリート集団の
補強をしていると考えて場合、

TPPをエリート階級対労働者階級の
闘争ととらえないと
瑣末な枝葉の議論をしていると
本質が見えなくなると考える。

資本エリート集団が
全地球を支配下に置きその
利益を資本エリートの配分とする
彼らの階級復権の運動体とするならば
彼らにとっては国境線も
国家制度もいらない事になる。



であるから、非関税問題はスル―し

TPP・100年の計の意味は
国家制度が消滅する始まりと読めるのではないか


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
お邪魔でなければ広めてください



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 如是我聞・売国経

    Excerpt: 私はこのように彼から聞いた。 本日、TPP/環太平洋パートナーシップ協定に向けた交渉で売国する決断をいたしました。その旨、交渉国に通知をいたします。 国論を二分するこの問題について、私自身、数多くの様.. Weblog: マスコミに載らない海外記事 racked: 2013-03-17 19:36
  • TPP協定(日本との協議に関する米国政府意見募集の結果概要:主要団体意見詳細)テキスト

    Excerpt: 外務省のウェブに、この文書のPDFが公開されている。pdfなので、テキストの中のキーワード、いくら検索しても、見つからない。 一年以上前のデータ。大本営広報部は徹底的に報道管制。 http://www.. Weblog: マスコミに載らない海外記事 racked: 2013-03-19 10:57
  • フェラガモ アウトレット

    Excerpt: 100年の大計・誰のためのTPPより、階級闘争である。① ゆきひろ社会科日記/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ アウトレット racked: 2013-07-03 06:24
  • レイバン メガネ

    Excerpt: 100年の大計・誰のためのTPPより、階級闘争である。① ゆきひろ社会科日記/ウェブリブログ Weblog: レイバン メガネ racked: 2013-07-06 06:00
  • プラダ メンズ

    Excerpt: 100年の大計・誰のためのTPPより、階級闘争である。① ゆきひろ社会科日記/ウェブリブログ Weblog: プラダ メンズ racked: 2013-07-09 02:49