「終戦」と「敗戦」



8月という月は
日本にとっては一時的平和を考える月のようである。
まるで、過去の行いの免罪符のように。

8月15日 
「終戦」記念日として報道する。
政府も全国戦没者の式典を開催する。
そしてその報道を流す。

この式典は極めて国内的な慰霊式典であり
旧日本政府が行った海外での行為に対して
反省するものではないと私は理解している。


画像


=============================

全国的に8月15日が「終戦」の日とされるが
国際的には
9月2日、日本が東京湾にて
米国戦艦ミズリー号上にて降伏調印した時が
戦争状態が終了した日となる。


画像


8月15日は天皇が戦争をやめると一方的に
宣言したに過ぎない。
戦争は相手があって行われるものである以上
双方同意のうえで初めて戦争状態が終了する
そして日本は無条件降伏という条件のもと
戦争状態を終了した。

そして、なぜ8月15日を終戦記念日とし
9月2日を敗戦記念日としなかったのか
当時、日本の指導者は
敗戦という言葉を使いたくなかった
敗戦という責任を取りたくなかった事と
国民にその事実を知らせてく無かった。

(孫崎 享著 戦後史の正体、管理者の理解で書いた)

=========================

この終戦という言葉、
15日のNHK「終戦」報道の中で
当時政府の責任者が証言していた

「終戦という言葉はなかなかいい言葉だ」
「敗戦という事実を終戦と言い換えたのは」
「敗戦という事実に国民が落胆してもいけない、
終戦とすることで、敗戦の事実を和らげた、実に
いい言葉とおもう」と。


これが事実なのである。
(孫崎氏の本の意味が立証された)

このNHK終戦報道をみて、
結局誰も責任を取って
戦争を終結させようとは考えなかった
軍も政府も天皇も自己保身のみで国民の生命財産など2の次であり
本土への無差別攻撃があろうと
沖縄に米軍が上陸をし住民の犠牲があっても
8月6日・9日広島長崎に原爆が投下され
多くの市民が亡くなった事実があってもである。

=====================
67年経過した今でも
責任を取らない社会は支配者層に歴然と生きている。
3・11 福島原発事故はその典型であろう。



政治家の世界では言葉に責任をもたない
その裏返しが意味のない過激な発言が
大衆受けをさせるよう報道する
その典型が大阪ハシシタ、イシンの会である。
選挙が近づき、その流れに乗りたくて
(マスコミがつくっている流れ)
合流したいという国会バッチをつけた
似非議員が登場する。

画像




ここには国民の生活など微塵も考えない
また考えるために議員になろうとした
人間など皆無と言っていいだろう
その人間をさも救政主のごとく報道する
マスコミは、戦争を煽った当時のマスコミとなんら変わらない。

======================

敗戦により米軍支配の中
日本が米国の支配下に組み込まれていく過程で
自立した国家運営をすることを忘れ責任を取らない政治が幅を利かせ
自立しようとすれば米国に潰され、また自国民に潰される。

終戦を敗戦と言い直さなくてはならない、
敗戦記念日には、マスコミが担った責任を反省し
責任を取らなかった政府の責任者を
国民自ら裁くことが出来ない限り
戦勝国の東京裁判を批判することはできないと考える。
靖国に参拝することが悪いのかと嘯く議員
であるならば、前の戦争の総括を語り
靖国と言う私的神社の歴史を知っているのだろうか
靖国は、天皇のために死んだとされる人を祭るところとして
戦前まで運営された事実を知っているのだろうか。
靖国を誇大に報道することは、先の戦争責任が天皇にあるという事を
宣伝していることにあるのであるが。
また、戦勝国にとって都合のよい東京裁判というのなら
なおさら日本国民自身の手で総括すべき時に来ているのでは。

==========================
オスプレイ安全確認でOK
TPP 経済の発展
消費税 社会保障のため
原発 経済優先
領土問題で危機をあおる

少なくてもこの項目で
誰が得をし利益を得るのか
もうひとつ付け加えるなら

次の総選挙、
国民の命も財産も社会をも
売りに出す政治家(屋)を選ぶなら
隣国の政治体制を批判することなど
恥ずかしくて出来ないとおもうが。

(孫崎氏の 戦後史の正体は読む価値あり
特にこの時期に)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
お邪魔でなければ広めてください

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • "カラー革命"手法の完成-幼児期に退行する欧米指導部

    Excerpt: Thierry Meyssan 2012年8月7日 Information Clearing House 1985年、社会科学者、ジーン・シャープは、NATOから委託された研究『ヨーロッパを征服できな.. Weblog: マスコミに載らない海外記事 racked: 2012-08-19 17:38
  • 国際法に対する欧米の猛攻

    Excerpt: Paul Craig Roberts 2012年8月28日 新しい映画“コンプライアンス”は“お上につき従いたいという人間の願望”を検討している。伝統的に、何も疑わずに、お上に従うことを監視する装置と.. Weblog: マスコミに載らない海外記事 racked: 2012-09-05 22:01