憲法の発言自由・集会自由・団結の自由を侵す橋下独裁政治を許す政治に決別を



大阪市職員の政治活動規制(禁止)条例が成立。
イシン・公明・自民の賛成。
この条例成立により、
大阪市職員は24時間政治的発言・行動・発信を禁止された。
大阪市内以外からも一切の禁止である。

(北海道新聞より)
画像



このような条例をいとも簡単に成立させる
大阪市議団にもはや民主主義を語る資格はない。
政治と生活が別物のように
橋下は語るが、生活があり集団組織の在り方が
個々人思考から発言されるのは当然のことであるにもかかわらず
一切の表現方法と思考を禁止する条例は憲法違反そのものである。
(文化・ツイッター・ブログ・等々)

====================

問題にしなくてはならないのは
この憲法違反の重要な条例に
マスコミの反応は完全に無視状態である。
条例に問題がありとのキャンペーンを「小沢犯罪」並みに
展開したの記憶はない。

原発問題にしても
この条例にしても
私に関係ないと思っているところから
私に関係すると感じた時には
時すでに遅しは歴史の証明するところである。

今回の条例で、最後の大労働組合
自治労が解体される姿が見えてくる
その次は国民すべてに網をかける
総背番号制により物言えない社会が到来する。

このように考える私は考えすぎか
その答えはそう遠くはないと思うが

労働組合が大阪市の施策について
労使協議の中で話す事も条例違反ということらしい。
公務員といえども働く労働者であるという
基本的な事を訴えらずにサボってきた
「連合傘下」の組合にあるにしてもである。
会社員等々の前に労働者である。
このことがいま再認識しなくてはならないのではないか。

効率を求め、無駄を排除した社会は
優秀な集団の社会のように
思わされるが、優秀以下がないと
優秀が決められない。


橋下へのマスコミ対応は
橋下「不倫」を見れば明らかで
簡単にスルー。
そして
弱肉強食社会には大宣伝。

自分に優しいく
他人に厳しく
私(橋下)との意見の違いは認めない


そして、議員歳費削減は否決した。
そして、住民のサービスを切り捨てる案は成立
大阪市議団みんなで。

それでも、橋下を支持しますか
大阪の人。

========================
今日28日
大阪天王寺東口 午後1時
大阪環状線桃谷駅 午後3時
橋下辞めろ・野田辞めろ
街宣をします。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
お邪魔でなければ広めてください

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック