小沢Gr民主党離党報道から見えてくる姿なき支配者がもくろむ社会とは。

小沢民主党元代表Grが離党した。
離党人数が少ないとか小沢の影響力が落ちたとか
本質を矮小化した紙面と画面が流されている。

小沢早く離党せよと急かしたマスコミ。
民主党内に意見の違う人間が存在すること自体問題であると。

これらの報道を政局に絡め、民主党の権力闘争に矮小化した
報道姿勢は大いに問題がある。

そもそも、民主党はマニフェストをもって
その実行のために努力するから政権を自公から
民主党にへと主権者に訴えて
主権者がそれならと支持をしたのである。

その事はよく引き合いに出される
野田を始め多くの民主党候補者(2009年)が叫んだ
「シロアリ退治を先にする」である。
この動画を植草氏のブログから借りています


野田佳彦氏2009年8月15日演説
http://www.youtube.com/watch?v=y-oG4PEPeGo

野田佳彦氏2009年7月14日演説
http://www.youtube.com/watch?v=-3wVwe8a_8c&feature=player_embedded

岡田克也氏2009年8月11日演説
「わたしたちの魂がこもったマニフェスト」
http://nicoviewer.net/sm13731857

マスコミに登場する政治評論家の多くは
財源があると言って確保できなかったので
消費増税値上げはいたしかたなく
民自公の3党合意も当然のことであると
幾度となく刷り込み報道をしてきた。
本当にその努力をしたのであろうか

答えは鳩山は官僚につぶされそれ以降
菅・野田は官僚の怖さに恐怖して全く努力をしていない。


小沢は財源があると今でも発言するが
具体的に発言する責任があると
財源を見つけることが出来なかった責任を転嫁させる。
2009年以前から小沢の周辺は不可解な権力によって
政界からの抹殺を幾度となく行われ、その片棒を担いだ
マスコミの反省もなくである。

=====================

なぜ、小沢は抹殺されようと画策されるのか
私のような、「政治評論家」でもない
普通の勤労者が永田町の内部を知る由もないが
官僚におもねない最後の「政治家」なのだろうと思う。
好き嫌いは別にして、
純粋な「愛国」者なのであろうと私は思っている。

今回の民主党離党も、離党せよとはやし立てた
見えない支配者たちの画策であると思っている。

なぜなら、民主党内部で大きな意見の違い
(今回は消費増税)があれば、徹底した議論と
全国幹事長会議など開催をし意見集約を図るのが
政党としての民主主義運営であるが、党内の意見違いは
抹殺し、他党と政策合意というより他党の政策丸のみをする
政党など本来の政党との態をなしていない。

¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬===================

第三局の政党連合と道筋を見せ始めた
支配者達は、東京の石原・名古屋・大阪橋下
この連合がこれからの日本の政治を担っていくと
その対極に、民自公の連合。

民には連合組合、自には資本、公には宗教と
橋下・石原連合がなろうが
看板の違いだけでその根っこは同じ支配者なのである事を
隠し次の選挙まで大宣伝が行われるであろう
反民自公連合に乗れと急かされているのが
小沢Grであろうが、今の小沢の主張から
無理と思うのが普通だが、勝つためには
毒をも食らう政界であるなら
青臭正義論は通じないかもしれない。

======================

野田民主・これで誰はばかることなく
自民公明と大連立に向かって進んで行ける。
橋下が其の戦列に加わる可能性もないとは言えない。
http://yukihiro-go.at.webry.info/201207/article_1.html


その橋下維新
政務調査費支出不正疑惑が
(政務調査費は政党の活動には使用できない)
1日毎日新聞夕刊TOPに掲載されていた。
WEBを探したが見つからないので
要点を書いてみる。


「2011年大阪府知事選・市長選直前
維新の会大阪市議団が市内全24区で
「区民会議」と称して開いた会合の
会場費・ビラ等315万円を支出。
この会合に、橋下、松井が出席し
選挙への支持を訴えていた。
大阪市の政務調査費は1人月51万円である。」

橋下・松井の発言は
2011年9月22日
住之江区にて(橋下知事辞職願提出・市長選への出馬表明)

橋下「市長選に立候補する。平松市長と僕が戦う。11月27日は大変な選択になる。組織対市民の対決。我々には組織票がないのでよろしくお願いします。

同年9月23日
城東区にて(松井が知事選出馬表明)

橋下「新しい仕組み作りのためにどうぞよろしくお願いします」
松井「維新を信じてください。維新の挑戦を皆さんと成し遂げたい」


この城東区の集会で女性が橋下に質問

「維新は医療、福祉を切り捨てますか」
橋下「僕が市長になれば、声が届く仕組みをつくっていく」
   「・・・政治家と有権者の気合しだい。新しい仕組み作りのためにどうぞ、
よろしくお願いします」

(この発言はおお嘘である)

以上毎日新聞より抜粋

この報道に、NHKは橋下の弁明を流した
「問題ない」と橋下。
身内のは甘く、市民には厳しく、
選挙前の約束も平気で破るのは
野田と全く一緒である

さらに、政務調査費で大学の入学料を払い
事務所備品を購入した維新の議員も存在する。

=====================

総選挙は必ず行われる。
財界と御用連合組合の金とマスコミの誘導報道に
騙されるのか、それとも騙されないのかが
問われる選挙となるでしょう。

脱原発・原発に頼らない社会をと声をあげても無視をする政治
今、原発いらないの集会に集まる人の思いは色々であると思うが
その根本は「嘘をつき、充分な民主的手続きを踏まない事」に
多くの怒りが集まっていると思う。

次の選挙は、脱原発社会の未来像を語り
脱強権政治と脱強権資本主義を目指し。(誤解を招くので脱を加筆しました)
子どもに責任をもってバトン出来る
精神的ゆとりのある社会が選択の基準と思っている。
何よりも、「嘘のつかない政治」である。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
お邪魔でなければ広めてください

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック