反原発の行動から思いから、収奪される国民から声を出す国民へと変わろう

6/26日
日本国国会衆議院で
消費税法案が談合3党で成立した
報道は消費増税に反対した
民主党所属の議員を公に「造反議員」と
全世界に発信するが、造反とは
所属する党の中での用語であり
公には反対が正しい表現でる。

国会議員の役割は、党の政策を国民に明らかにし
その支持を得て国会議員となり
その実現のために行動するのが本来の姿と見るなら
今回の野田政権(松下財閥政経塾)暴挙は
許されるのもではない。
これは、消費増税に賛成するしないに関わらず
議員として当然の事である。

その議員の基本をことごとく無視をしている見本が
大阪橋下率いるイシンの会である。
大阪の橋下の姑息なところは
反原発が大衆の声だと読めば
期間限定稼働から原発ゼロ社会へと
発言をし、その裏では
働くすべての労働者の権利を奪い
子どもの社会に競争原理を持ち込む
目くらまし宣伝をマスコミ一体で行う。
そこには市民の生活など眼中にないということである。
脱原発を唱える裏では再生可能エネルギーの
利権構造がすでに出来上がっているのではと思ってしまう。

=========================

6.29首相官邸前
この日首都東京は先週の22日続いて
20万人近い市民が大飯原発再稼働反対の
抗議集会が開催された。
さすがのマスコミも無視できなくて
報道をはじめたが
NHKは今でも無視をしている
大越というキャスターの番組。
なぜ報道できないのか・・
考えるに、完全に官僚にコントロールされた
「国営放送」になり下がっているからであろう。
以下の写真は毎日新聞より。
すでに多くの国民は
NHKに対し朝ドラの
「梅ちゃん」しか観てもらえないのでは。
画像


(毎日新聞藤井太郎撮影より)

==========================

関西電力株主総会にて
27日大阪梅田茶町芸術劇場にて
関西電力株主総会が開催された、
大阪の反原発を訴える市民の抗議集会も
会場前広場で行われたが、
ここでマスコミ報道の一端を垣間見た。
抗議している間は取材せず
株主が退場してくるときには
抗議する人との間に何かが起こる期待をし
カメラを回し始める。
この姿を視て、抗議の報道ではなく
トラブル期待報道とも思えた。
その意味では、首相官邸前の抗議集会は
相手にそのすきを与えない
新しい抗議の在り方である。

画像


こと放射能に関する限り
警備規制する警察官にも家族が存在し
むげに強権的な規制が出来ないのではないかとも思うが
権力はそんなに生易しいものではない事も
頭の片隅においておかなくてはならない。


画像



======================


何もしなければ何も動かない
から動き出した民衆の声
この声がただ単に反原発の声のみに終わるのではなく
なぜ、原発再稼働なのかの
根本を探る気力を無知続けたい。
点と点をつなぎ面となり立体とした時
日本政府(官僚政治)が誰のための政策を
進めているのか視えてくる。



オスプレイ配備、
TPP参加
消費増税可決後、200兆円の箱もの予算
福島原発4号基隠れて解体など

多くの方がまじめな発信をしてくれている
拡散することで現地に行けないけど
連帯を深めよう



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
お邪魔でなければ広めてください




世界には
6.29首相官邸前再稼働反対
米国従属官僚政治・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 我々にとっての沈黙の春?

    Excerpt: 2012年6月19日 Paul Craig Roberts 1962年の著書『沈黙の春』で、レイチェル・カーソンは、DDTやその他の化学殺虫剤を禁止させ、鳥の命を救った。今日、最低の私的費用と最大の社.. Weblog: マスコミに載らない海外記事 racked: 2012-07-01 18:44