5月1日 メーデーに参加して思う事


今日の大阪は晴天に恵まれ
就職して初めて参加したメーデー
「♪晴れた五月の~青ぞおらに・・
 なびくは赤い~組合旗~」
労働組合の意義すら知らなかった時期
ただ、毎日職場で働く先輩・お姉さんたちと
意味も解らず歌詞本を観ながら歌った事を思い出した。

その歌を歌ってから10数年の歳月が過ぎたころ
労働団体が、連合に統一され
今政権を握っている、
電機労連松下労組委員長「タカラギ」が仕掛けた
IMF・JC労使協調路線の集大成後
メーデーは毎年開催されたが、この歌を聞く事は無かった。

労使協調路線がより進化し
労組第二労務と化した「連合」は
メーデーでない日に、フェスティバルと銘打って
お土産付きの集会をアリバイ作りに開催をする。
未組織の労働者も含めて
メーデーの意義など話す事もなく。

そんな中、今日、中小の労組であるが
今なお労働組合の原点を忘れず運動を続けている
合同労組・連帯のメーデーに参加する機会を得た。

大阪の橋下の教育「改革」に抵抗する教師
大手ゼネコンの値下げ競争に
中小経営者と一体となり運動を起している
ナマコン労働者たち・・・
街ゆく人へのデモ行進で訴えと
久々に働く労働者の息吹を感じました。

しかし、このような運動は今のマスコミには関心が無く
すべて無視されている状態です。
このような状況は、ここ2・3日の原発報道にも顕著に表れています。

大飯原発再稼働を巡り論点ずらしが当然のように行われています。
大飯原発再稼働は、電力の供給不足が根本問題ではなく
原発を稼働させるさせないではなく
原発が人間の手に負えるものなのか
核燃料の処理が人間の手に負えるものなのかが
根本問題であるにもかかわらず、
供給不足になれば経済が停滞する・・などと
論点のすり替えと脅迫の報道である。

経済が停滞する前に、経済を支える
人間社会が破滅する恐れがあるという事を
もっと真剣に考えるのが識者と言われる人の責任ではないのかと
疑問だらけである。

経済が成長すれば、働く人にも恩恵があるがごとく話をするが
実態は、いくら企業が儲けようと、労働者にその分け前を
無条件で渡す事などあり得ないのである。

大阪の橋下は原発反対ともとれる発言をしているが
言葉を正確に読み取れば
「今の政府のやり方は駄目」であるとのこと
決して原発反対ではないのであるし
関西電力と共謀して
恫喝を行っているのである

以下引用
「大阪市の橋下徹市長は26日、市内で開かれた関西広域連合の首長会合で、電力不足が懸念される今夏の節電対策について「(原発の)再稼働を認めなければ、(関西府県民には)応分の負担があるということで、増税も含めて具体策を立てなければいけない」と述べ、財源を増税で賄うことも視野に節電対策の強化を検討すべきだとの考えを示した。
 橋下市長は、電力不足に対応した新たな取り組みとして、(1)自家発電を行う企業への燃料費補助(2)家庭での節電行動を促す「節電エコポイント」制度の創設-などを想定。今後、具体案を詰めた上で同連合に提示する。(2012/04/26-21:45
時事ドットコより、節電対策強化で増税も=橋下大阪市長」



以上引用したが、企業にとっては
痛くも痒くもない誠にありがたいお話である。
東京電力が国の金(私たちの税金)から3兆円の金を引き出し
誰も責任を取らない無責任状態を報じることなくである。

大企業の奥の手、困った時は国の金頼み
都合のよいときは経済活動への規制反対。
ご都合主義の市場原理主義者である。
これはどこの国でもつかわれる手法。


こんな事を考えながら、
今こそ1%と言われる搾取される万国の労働者団結せよと
昔の先輩の話を思い出した。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
お邪魔でなければ広めてください






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック