9.19 さよなら原発東京成功は息長く運動を続け、次は未来エネルギーの道を示す事

9月19日東京明治公園での
さよなら原発集会は、6万人(主催者発表)で
1000万人署名アクションプランの第一歩となりました。

私は参加できませんでしたが、仲間からの報告と
netでの報告では無事に終了し、これからの取組に
弾みがついたとの事です。


「遊風の養生日記」さんが

9.20が世界で報道されている情報をUPしてくれました。
ぜひ一覧してください。
日本では、アリバイ報道しかされていませんが
世界は、大きな関心を持っていることが解ると思います。
(言葉が理解できなくても)



それを受けて、大阪では

「さよなら原発連続講座」第3回

「子どもたちを放射能汚染から守ろう
脱原発に向けて、未来のエネルギーを考える」
講師には、田中優(未来バンク事業組合理事長)の
講座が開催されました。

iwj さんの好意で配信をしていただきました。
90分と長いですが
原発のこと、これからの自然エネルギーを
目指していこうと思っている方は必見です。



余談ですが
最初に映っているのが
(ゆきぼーです)

さて、話の内容を私が少しコメントしますと

「原発事故が起こり、放射能という恐怖が広がりました。
その責任は、嘘の発表を繰り返した、政府(菅内閣)の責任です
NET上には、原発村という言葉も登場し、それ以外の学者が
放射能の危険について情報発信をし始めました。いま、半年が経過し
原子力推進者たちは、放射能汚染の事よりも、自然エネルギーに対する
無意味な矛盾点を公言し始めました。
その真意は、原発利権に毒された日本社会の構図が見えます
では、私たち脱原発を目指していこうとする活動は・・
脱原発への行動指針を理解するすなわち・・・・」

後は、VTRで見ていただいたほうがいいかと思います。

==========================
もうひとつ、20日のニュースで

「安全です」の口先枝野は、
福島20キロ~30キロの規制を解除と言い出した。
規制を解除と言いながら、
実態は、自宅待機状態で「被ばく状態なのである」
解除したからと何も変わらない。
政府・東電の責任逃れでしかない。
枝野の「安全です」はまだ有効らしい。


さらに、東電は福島原発の地下水に
最高500トン/日が流れ込んでいる
しかし、1000トン/日、処理能力があるから
大丈夫と発表した。
これは、確実に、地下に漏れ
海に流れ出していると
考えるのが普通でしょう。
しれっとして、何事もないような
言い方で報道する。
福島原発事故は、もはや彼らの中では
過去の出来ごとに仕向けられているのである。

しかし、私たちは忘れない。

===============================

連続講座最終日のお知らせ

10月15日(土)

午後6時受付

午後6時30分~8時30分終了

場所 大阪市北区天神橋 3-9-27
   PLP 会館

  JR天満駅下車 南森町方面3分

  問合せ 電話06-6351-7064
     FAX 06-6351-4355
「脱原発への道 アクションプログラム」
服部 良一 社民党衆議院議員
参加費  500円

==================
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
お邪魔でなければ広めてください

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年09月25日 20:22
こんばんわ~。涼しくなりましたね。でも逆に仮設にいるお方や避難の人々も冬に向かいます。
遊風さんのブログは重厚ですね。動画も含めゆっくりみさせてください。
今も続く空の放散量も、当初より多い。海への漏れは、早く地下壁を設置しないとそのベクレルは、今は隠されてますが、膨大でしょう。海洋汚染、地球破壊の国際問題にしてはなりませんね。

この記事へのトラックバック

  • チャベス対オバマ: 2012年に大統領選挙に直面する二人

    Excerpt: 資本主義的刺激策対社会主義的景気回復 Prof. James Petras The James Petras website 2011年9月15日 (ご注意:毎回と同様、大変まずい翻訳である。) はじ.. Weblog: マスコミに載らない海外記事 racked: 2011-09-25 01:04
  • プラダ トート

    Excerpt: 9.19 さよなら原発東京成功は息長く運動を続け、次は未来エネルギーの道を示す事 ゆきひろ社会科日記/ウェブリブログ Weblog: プラダ トート racked: 2013-07-10 01:25