ゆきひろ社会科日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 保管だけで逮捕。共謀罪の見本。

<<   作成日時 : 2011/07/22 12:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0



(以下全文転載)
ウイルス「保管」で初摘発 警視庁、大垣の容疑者逮捕

2011年7月21日

 パソコンを機能不全にするウイルスを、ばらまく目的で保管したとして、警視庁サイバー犯罪対策課などは21日、不正指令電磁的記録保管容疑で、岐阜県大垣市八島町、無職川口靖博容疑者(38)を現行犯逮捕したと発表した。
 同課によると、逮捕は17日で、14日に施行された改正刑法のコンピューターウイルス作成罪を全国で初めて適用した。
 逮捕容疑では、17日、自宅のパソコンに正当な理由なく、ウイルスを保管したとされる。同課によると、川口容疑者はファイル共有ソフト「シェア」を使い、ウイルス入りのファイルを不特定多数がダウンロードできる状態にしていた。
 川口容疑者は「ウイルスをばらまくため持っていた」と容疑を認めている。同課は、このウイルスの感染で、少なくとも1900人が被害に遭ったとみている。
 このウイルスは、感染したパソコンのメモリーの空き容量に、約1000個の画像などのファイルを書き込み、「ホームページを開きなさい」などと不正な指令を出し続けてパソコンを動かなくする。
 2007年から自分でウイルスを作り、昨春からばらまいていたとみられる。ウイルスに児童ポルノを思わせるタイトルを付けていた。
 「ファイル共有ソフトの利用者のモラルのなさに腹が立ち、警告を与えたかった。子どもに対する犯罪を憎んでいる」と供述しているという。
(中日新聞)

(転載終わり)

各社とも報道内容はほぼ同じである。
警察発表のままの記事これが
これが「報道」と言われる姿ですが
いよいよ「保管」だけで逮捕される時代がやってきた。

疑問を挙げてみると
1、自宅パソコンに保管がなぜ判明したか
2、ウイルスと言うだけで「悪者」と言う印象操作
3、常に情報監視を行っていると言うことか

では、
ウイルスと言えば逮捕条件が成立する
パソコンに保管していなくても
内容は問わない。所持しているだけで逮捕される

共謀罪のときも
相談しただけで逮捕される(刑法全てに適応)
恣意的に「悪いもの」として
いつでも逮捕監視が続けられると言うことになる。

私には関係ないと思いたいが
原発事故でも明らかなように
等しく被害を受けるのであるとすれば
関係ないと思う人も、罪人にする、しないの判断は
警察が持つという社会になりつつある。

今回は警察にとって
有罪・無罪の判定に関係なく
有益なテストランなのである。

警察監視国家到来の日。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
広めてください
伊波洋一ブログ伊波洋一

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ランキングに参加しています。1日1回クリックお願いします

人気ブログランキングへ1回クリックお願いします

「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー

伊波洋一ブログ伊波洋一
保管だけで逮捕。共謀罪の見本。 ゆきひろ社会科日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる