ゆきひろ社会科日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「花道」は自分で創る根性と理念があるのか菅。

<<   作成日時 : 2011/07/18 18:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


3.11以降
当初は原発安全大合唱で始まり
多くの国民が
「安全」宣伝に疑問をいだき
4月ごろから毎日どこかで
原発学習会・講演会・集会デモが開催され続けている。

マスコミも当初はこれらの行動を無視していたが
無視でき得ずに
小出し報道をはじめ
最近ではいろんな表現があるが
「原発は危険」という方向にシフトしつつある
かにみえる・・が

原発利権集団は
私たち需要者の電気料金を使い
原発存続・節電キャンペーンを行い
権益確保に躍起になっている。

そんな中、菅は記者会見で
「原発に依存しない社会」を表明した。
予測された事ではあるが
一斉に内閣からも民主党内からも
反発の声。

この反発の声を垂れ流すマスコミは
菅の「脱原発」に賛成する民主党の声を
報道しない。

マスコミは一応は「脱原発」だが
ここ20〜30年は原発容認派と気脈を通じていると
言う事は最低30年は権益を守りたいとの思惑であろう
それを端的にあらわしているのが
供給電力を公表しないのに
テレビ新聞で節電広告を流す
電力会社への批判がないことでも
明らかであるが。

菅は内閣から民主党執行部からの批判に対し
「私の思い」と軌道修正したが
内閣総理大臣記者会見の言葉が
ただ単に近所のおっさんが言った
「私の思い」で済むはずがない

当然菅には、これで国民の意に沿った
発言として評価されこれからも
総理として椅子に座り続けられると
幼稚な取り巻きに知恵を吹きこまれたのかもしれないが
菅が「思いつきです」と思われる発言を
繰り返すこととなると
最低の総理として名前を刻むことになる事を
自覚しなければならない。

3.11以降多くの国民を被ばくさせ
環境汚染の実態を隠ぺいしている政府組織
この組織に一刀もいれられずに終わるより

今菅が出来ることは

何が何でも「脱原発」の道筋をつけること
そのためには、今までの増税・監視法案
原発推進にきっぱりと決別宣言をするべきである

菅のするべきことは、意に沿わない官僚は
罷免すればよい、そして菅の脱原発社会に向けて
汗をかく議員を選ぶことである。

真っ先に、見せしめとして枝野を罷免すれば
他の閣僚は自分可愛さでなびくであろう。



これぐらいの荒治療をして
私の思い「脱原発」を政策にするなら
菅の評価は少しだけ変わると考えるが
ただし、江田五月法務大臣が行った
PC管理法案と国民総背番号制への道は
許されるものではない事も
悪の法案として当然記憶される。

菅が最後「花道」を欲するなら
国民の声を聞けである。
役者ではないので「花道」はいらないと思うが。


==================================

最後になりましたが
田中龍作氏のブログより
【福島原発事故】 東電最高幹部、山下教授ら張本人32名を刑事告発

(一部引用・写真 田中龍作氏・応援カンパもよろしく)


画像


21世紀日本、最悪の人道犯罪を引き起こした張本人たちが一斉に刑事告発された。

 主役たちとは東京電力の勝俣恒久会長はじめ最高幹部3人、

原子力安全委員会の斑目春樹委員長、寺坂信昭・原子力安全保安院長ら(以上Aグループ)、

福島県放射線健康リスクアドバイザーの山下俊一・長崎大学大学院教授(※)、

高木義明文部科学大臣ら(以上Bグループ)。

(引用終わり)

マスコミは報道しない。
被ばく責任をうやむやにしては次世代に申し訳ない

(時の政府機関・内閣も対象となるべきである)


==================================================================

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
お邪魔でなければ広めてください
伊波洋一ブログ伊波洋一

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ランキングに参加しています。1日1回クリックお願いします

人気ブログランキングへ1回クリックお願いします

「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー

伊波洋一ブログ伊波洋一
「花道」は自分で創る根性と理念があるのか菅。 ゆきひろ社会科日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる