小泉・竹中も驚く米国へのへつらいと・民主主義否定強権独裁政治・狂人・菅直人

小泉・竹中も驚いているだろう

福島原発第一で
隠して隠してきた
原子炉圧力鍋のヤカンの底が抜けた
水を足しても足しても貯まらない。
流れた水は猛毒の水で
まかれた死の灰は
姿かたちは見えないとのこと。
それでも問題ないと言い張る無責任政権。

そのやかんの底が抜けるよな事態になった原因は
「想定外」で許されるらしい。
東京電力が被災者に雀の涙金
1世帯100万円しか出さなかったが
これも「保証金」ではなく
とりあえずの「見舞金」という名前
補償した履歴を残さないためと
政府・菅が救済してくれるまで
金は出さないためである。
まったくもって、東電は放射能死の灰で
人を生物を環境を破壊している
認識がないと疑われても仕方ないだろう。


小泉・竹中一派は、米国の尻の穴をな舐めながら
自分の利益を合法的に太らすことを考え
格差と新自由主義自・己責任政治からの変換を目指し
2009年9月民主党が衆議院選で第1党になり
国民本位の政治の予定をしたが

2010年6月・菅が(臨時に)政権に着くと
小泉・竹中も驚く豹変ぶりで
国民収奪・経済疲弊・大増税・憲法否定
表現の自由否定・国民監視法案・大企業利益優先
数え上げればきりがない
反民主主義の政策法律の法案提出である。



一例をリンクします
「属国離脱への道」様



当ブログでも書きましたが、狂った「アキカン民主党政権」原発・震災のドサクサに紛れ国民見殺し弾圧法案垂れ流し。



地震と津波の天災と
原発人災のどさくさにまぎれ
こうもあくどい事を平気で行う菅一派を
持ち上げる
大マスコミの「市民派出身」などとは
市民派=良い人の刷り込み報道であり
大きな間違いである。

普通の職場でも
今まで「いい人」であった人が
役職に就いたとたんに人間性が変わり
強権的になる人を何人も見てきたが
その典型で、そんな人間は
上に弱く下に強いのが相場である。

菅の場合
米国・大企業・マスコミ・権力機関・上級官僚に弱く
国民には強くである。



今回の東電救済法案については
植草一秀氏が
小泉・竹中一派の合法的に
日本の財産を売った行為と同じ手法と指摘している


また、福島原発事故後
胡散臭い「安全報道」にたいし
問題点を解りやすく発信しているので
紹介しておきます。

「私設原子力情報室」様

このような情報を抹殺しようと常に

権力者は考えています。

全国で原発反対のデモがあっても
報道しない広めないマスコミ
労働者の首切りに反対する
労働組合には「過激派」のレッテル貼り報道と
警察の弾圧。

小泉・竹中の政治から
日本の民主主義は益々後退させられ
民主党に期待したが裏切られ
もやもやした気分ですが
くじけることなく発信と拡散を続けていきましょう。

でも、愚痴りたいですね
「菅辞めろ」と。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
広く知らせるために応援を

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フェラガモ アウトレット

    Excerpt: 小泉・竹中も驚く米国へのへつらいと・民主主義否定強権独裁政治・狂人・菅直人 ゆきひろ社会科日記/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ アウトレット racked: 2013-07-03 09:27