ゆきひろ社会科日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「投票」して終わりではないのが主権者の責任・・・統一自治体選挙(了)

<<   作成日時 : 2011/04/15 13:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

東京の知事に石原。
島根・福井では原発推進知事
大阪では小泉政治を進める橋下。

これらの知事選択に
不満をもつ有権者も存在するのも事実。
しかし、50%を割る投票率でも
この選挙結果は法的に成立している。
棄権した半数の有権者が無視を決めても
これから実施されるであろう政策に
従わなくてはならないのか・・

ここで大事なこと、
この人物を選んだ人も選ばなかった人も
白紙委任をしたのではないという事実。

ところが、選ばれた知事はたちは
白紙委任を受けたと理解し
行政運営をしていることである。

大阪の橋下はその典型である
「気に入らなかったら選ぶな」
「俺を選んだのは俺の政策を選んだのだ」と
公然と言い放つが、

はたして「かっこいい」とか
「はっきりものをゆう」とかで選んだ人は
そこまで考えたのだろうか。
否・考えていないであろう。

大阪の事で恐縮ですが
「橋下維新の会」何をするところですかと
聞いて答えられる人はごく少数でしょう
維新の会の候補者ですら答えられないのでは
答えられるとしたら
「ワン大阪・大阪から日本を変える」
この答えしかないのではないか。

≪議員の定数を減らせ
議員歳費を減らせ
職員を減らせ
大阪府と大阪市を合併しよう≫が
維新の会のスローガンであるが
本当に正当な主張なのか・・

このスローガンの中には
住民の存在が抜け落ちている。
住民にとってどのように住みやすく
地域のきずなとか、つながりがとか
効率とお金に代え難いものが
培われるのか不明である。

また、マスコミはこの主張を宣伝し
返す刀で公務員叩きを絶賛する。
「政治家・屋」も同調する
そのマスコミ報道に誘導された
「主権者」は考えることなく賛同する
なぜ、公務員叩きが正当かを考えることなく
ただ、自分より働く条件がいいのではないかという
漠然とした動機で
この誘導された意識が
教育であれば学校の教師に・・

すべての公務員が住民の奉仕者として
仕事をしているのか問われれば
中には違う人もいるだろう
これはどの社会にもあり得ることであるが


東京においても
汚染地帯に築地を移転させる。
原発推進をしてきた県においても
4/15朝刊の毎日新聞に
知事のアンケートが掲載されているが
「案全対策を講じれば原発容認」の知事も
本当に市民の顔を見て話しているのか疑問である

お金と命はの選択と聞かれれば
多くの人は命と答えるでしょう。
しかし現実には「お金」が優先する
政治を選択しているのも事実。

行政は住民にとって
金儲けのための機関でもなく
効率を追求する機関でもない
そこに生活するすべての市民にとって
日常を不安なく過ごせるための
機関であると考えている。

行政を運営する人を選ぶ・
その後も行政の進み方を注意深く見る
その進み方が意に反するのであれば
認めないこの覚悟が必要であると考えるが
言い過ぎだろうか。

最後に、
大阪の橋下は、
自分の意に添わすように
大阪市の市長選と府知事選をダブル選挙で
大阪市解体の候補者を擁立すると断言した。


そこには名古屋の二番煎じと
「人気」のおごりと
馬鹿な有権者と見下されているのが
垣間見える。

後半の自治体選挙・縁故と宗教と組織ではなく
自分の頭で考え投票しない後悔する。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
広く知らせるために応援を


≪参考に橋下の記事を貼り付けます≫
橋下知事:大阪都構想、ダブル選の意向

画像


ダブル選挙の可能性を話す大阪府の橋下徹知事=大阪府庁で2011年4月13日、田中博子撮影

 首長政党「大阪維新の会」代表の橋下徹・大阪府知事は13日、
記者団に、「大阪都構想の道筋を詰めて、ダブル選で問いたい」と述べ、
今年秋にも知事を辞職し、
大阪市長選(12月任期満了)と知事選(来年2月任期満了)のダブル選を行いたい意向を示した。

両選挙には、橋下知事自身
▽テレビキャスターの辛坊治郎氏(55)
▽中田宏・前横浜市長(46)−−の3人のうち、2人が立候補する方向で検討している。

 統一選で大躍進を果たした維新が、
「大阪都構想」実現のため、最大のヤマ場となる市長選に向けて動き出した。
橋下知事は昨年12月の維新タウンミーティングで、
市長選へのくら替え出馬と、市長・知事ダブル選の可能性を示唆。

辛坊氏はテレビ番組で共演するなど橋下知事と懇意で、
都構想などの維新の政治理念にも賛同している。
また、中田氏は、統一選で維新候補を応援するなど、政治的なつながりが深い。

 橋下知事は「一方的に私が発言しているだけ」と前置きした上で、
共闘関係を組む相手として
「辛坊さんと中田さんは、市役所改革について同じ思いだ」と2人の名前を挙げた。

【堀文彦、佐藤慶】
(以上毎日新聞より)

伊波洋一ブログ伊波洋一

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
辛坊治郎 選挙
----[PR]--------------------------------------------------クリックするだけでネットで稼ぐ手法がタダで見れます。もしかしてこれって流出なのかな(汗)→ そのうち見られなくなっちゃうかも?------------------------------------------------[PR]------「投票」して終わりではないのが主権者の責任・・・統一自治体選挙(了 ... 両選挙には、橋下知事自身▽テレビキャスターの辛坊治郎氏(55) ▽... ...続きを見る
話題の芸能ネタをぴっくあっぷ♪
2011/04/15 14:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ランキングに参加しています。1日1回クリックお願いします

人気ブログランキングへ1回クリックお願いします

「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー

伊波洋一ブログ伊波洋一
「投票」して終わりではないのが主権者の責任・・・統一自治体選挙(了) ゆきひろ社会科日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる