ゆきひろ社会科日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 菅の現実路線とは日本憲法を無視し、米国への植民地化推進すること。

<<   作成日時 : 2011/01/04 14:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0



いよいよ軍事面での米国全面下請けがが始まった。
自衛隊の海外派遣恒久化法案を成立させ
米国へのお土産に、いや貢物にこの日本をするらしい。



自衛隊の海外派遣は
日本の平和憲法にに照らし
厳しく規制されている。

だから、
仙石が自衛隊を
「暴力装置」と発言したときは
自民党などは本来同意しないといけないのに
大問題と大騒ぎした。
(世界の常識では軍隊は暴力装置と認識されている)

この自衛隊をいよいよ米国に捧げるとの方針が出された。

昨年、社民党に協力を求めた菅は
非核三原則・武器輸出三原則を守ると約束をした事も
いとも簡単に覆すのである


仙石・前原・北沢・岡田・松下政経塾者たちの売国政治家
自民党ですら慎重に取り扱った事柄を
官はいとも簡単にニタニタ笑いながら行うのである。

官の「現実路線」とは思想も方針もなく
ただ目的は権力と総理の椅子に長く座り
国民の生活・この国の行く末などは
眼中にないことが官の
現実路線である。



付け足すならば、
米国の植民地化とすることで
自らの保身を図ることであろう。

大変な男を権力につかしたものであるが
この事実を理解しないと
「小沢」憎し・悪いのマスコミ報道に乗せられ
本質を見誤ることとなる。

現実主義路線とは無思想で
その場限りの
他者を顧みない政治を行うと理解しておこう。

官が(臨時党大会)代表選で言った
言葉の意味がいま明らかになる。

「私自身はボロボロになって倒れようとも
その先頭に立って戦い、次の世代にバトンを渡す。
それが私の新しい、最後の夢だ」


山崎一三氏が(進歩と改革11月号)指摘する。

「次の新しい世代とは岡田を中継ぎに
松下政経塾集団がおどり出てくるのだ」と


この菅政権を
ただ空き菅と揶揄するだけでは
新しい政治制度を見出すことはできない。

マスコミがなぜ世界の主流である
社会民主主義制度を報道しないのか
その本質を見なくては
2011年以降米国のお先棒を担ぎ
また来た道以上悲惨な状況が起こることになる。

自衛隊海外派遣(派兵)法案は
国会軽視そのものであり
財界主導の政治そのものである。



菅打倒国民の声を結集しよう。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ありがとう。広くみんなに知らせてください
伊波洋一ブログ伊波洋一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
菅売国政権は即刻総辞職すべきだ!
菅直人(呼び捨てが妥当)は年頭記者会見でも、極度の円高や、少子化問題や、全く手付 ...続きを見る
大辛カレーのブログ
2011/01/05 01:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ランキングに参加しています。1日1回クリックお願いします

人気ブログランキングへ1回クリックお願いします

「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー

伊波洋一ブログ伊波洋一
菅の現実路線とは日本憲法を無視し、米国への植民地化推進すること。 ゆきひろ社会科日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる