ゆきひろ社会科日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「小沢さん、覚悟してください]とは、失礼でしょう。カンとつるんでいる偏向マスコミ記者クラブ。

<<   作成日時 : 2010/09/03 12:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0



昨日9月2日の民主党代表選の記者クラブ会見
政策論争をといいながら
程度の低い質問をしている記者の
の正体がわかった。



植草一秀氏がいち早くブログで発表してくれました。


『橋本五郎氏(読売新聞)
倉重篤郎氏(毎日新聞)
星浩氏(朝日新聞)
原田亮介氏(日本経済新聞)
が、悪徳ペンタゴン4人衆、
討論会で顔の映らなかった4名である』と


辺野古の問題も
この時期なぜ突然出てくるのか


小沢氏の揚げ足取りに使うのか。
カンになぜ米国の考えが優先するんか聞いてみろ

小沢さん
身体は大丈夫か
(総理職)持たないのではないか

このような程度の低い質問だと不快になる人が多いと思いますが
よくよく考えると
小沢総理にはさせたくないがみえみえ。
(良識ある日とはみんな知っている)

財界が反発している
米国が反発しているとの報道で
不安感をあおり
意味のない
政治とかね。
町の声は「政治とかね」が問題だと報道する。

財界が反発している米国が反発している。
と言う事は、国民にとっては良い政策を出している。
ということになる。

また、政策の違いを鮮明にと書き立てるが
はっきりしている。

9月3日朝日新聞社説の一部
《「官僚主導の政治から、政治主導の政治へ。
「政」と「官」との関係のあり方については、
両氏の基本的な考え方に大きな違いはあるまい」》
大うそつきである

大きな違いがあるから小沢氏が出馬したのである。

辺野古の問題でも、
カンは当時副総理であり、鳩山総理を補佐する立場
であるのにしらんぷりした。

それを小沢氏に責任をかぶせるという
姑息な男である。
「カン嫁いわく。『もう少しさせてあげて』」
ままごとではないし、国民の生活がかかっている。
このことでは


五十嵐仁氏がブログで詳しく書かれているので
是非参考にしてほしい。


今日のニュースでも、小泉竹中の後遺症はまだ根が深い
29歳以下の国民が安定した生活が出来ない
非正規のままで今日まで暮らしていると報じられた。
10代の後半から格差と差別の社会にほうりだされた
この責任は一つは小泉・竹中
いうなれば、自公政治に喝采をおくった大人の責任でもある。

今回の民主党代表選は政治を戻すのか進めるのか
国民のための政策を進めるのは誰だが選択基準。

人の揚げ足取りでしか脳がない
カラカンでは最悪社会の到来である。
このカラカンを支援する
マスコミの新聞はすぐに購読をやめて反省させることが大切と思いますが。
何度も書きますが
私は朝日の購読をやめました。



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
よかったと思われたら広めてください。また応援クリックを
伊波洋一ブログ伊波洋一

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 店舗
「小沢さん、覚悟してください]とは、失礼でしょう。カンとつるんでいる偏向マスコミ記者クラブ。 ゆきひろ社会科日記/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 店舗
2013/07/03 14:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ランキングに参加しています。1日1回クリックお願いします

人気ブログランキングへ1回クリックお願いします

「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー

伊波洋一ブログ伊波洋一
「小沢さん、覚悟してください]とは、失礼でしょう。カンとつるんでいる偏向マスコミ記者クラブ。 ゆきひろ社会科日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる