マスコミの扇動報道に騙されない。参議院選挙の本当の争点。社民党・国民新党を応援しよう

ふじふじのフイルターさんの
ブログ記事を紹介します。
読まれたら、
必ずどこかに拡散してください。

7月11日投票の参議院選挙の核心部分です。
どのマスコミも書かない
本当の財政問題。

菅が総理になったとたん
「消費税10%UPを公約と言い出し、
人気が悪いと
所得によって還付すると発言し
それでも人気が悪いと
唐突に言ってしまった」

それも、「一般庶民に対して・・・」
この一般庶民という発言に
私(菅)は特別の人ですの裏返しです。

少なくとも鳩山は常に
「主権者国民」と発言していました
(残念なことに彼も主権者国民の意思を尊重できなかったが)

では長い文章ですが
引用します。

「財源はいくらでもある!消費税増税は反対! 緊急国民財政会議」

 以下、私なりにこの会議で得たことを羅列になりますがメモっておきます。特に御断りのない文は、菊池氏発言です。

◆経済は、ケインズやマルクスなど難しい学問ではない。過去の成功・失敗体験から学ぶことである。

◆日本では、粗債務しか発表されないが、これが誤解のもと。外国では純債務が多い。OECDでは、粗債務と純債務の名目GDP比率が併記される。

◆財政について正しい考え方を持つ。
 そのために、「なぜ、税制が上がらなくなったか」を考える。

1、緊縮財政…2001~9年までで、公共投資13兆、地方交付金補助金47兆円の合計60兆円をカット。
2、金融三点セット・・・ペイオフ、時価会計・減損会計、自己資本比率(bis規制国内4%は日本だけ)
3、リストラ・・・非正規社員が増え、年収200万の人が、1721万人。

 以上、小泉改革のツケによる。

 小泉マネタリスト「財政を引き締め、金融緩和」は、「国内を締め上げ、外資へ投資」を招いた。外資は、日本で低金利で調達、投機マネーに。
 地方で循環するべき60兆円と米国債40兆円の合計100兆円が国外へ流れた。

◆ギリシャと日本の違い

1、ギリシャは対外債務国で借金生活。国債の8割を海外で調達。日本は、267兆円の対外純債権を持つ。国債の95%が国内にある。
2、ギリシャは貿易収支が赤字、日本は黒字。
3、ギリシャは所得収支が赤字、日本は黒字(10~15兆円の配当収入がある。 外貨がふんだんにある)。

◆財源は、いくらでもある。自分の国にお金を使え。

 日本の貯蓄率は、008年末で、23.3~3.4%で、可処分所得300兆円のうち10兆円。カネは天下の回りもの、使って、回らなければいけない。

 日本には、高橋是清が財政・金融一体化した刺激策で大恐慌から日本を救ったという成功体験がある。

 日本は、債権国でお金はいくらでもある。潜っているお金もある。


 国債を出せばよい。建設国債を出せばよい。社会的地盤、病院建て替えなどに使う。

 経済は、民間だけに任せるのではなく、政府が出ていかなくてはならない。少なくとも3年以上続ける。

◆法人税を下げろというのは、外資の株主が言っている。経団連のある役員、株主総会で、収益が上がったから、従業員に還元しようかといったら、株主配当金を上げろと即座に否定された。給料を上げたいと思ってもあげられない困っていると。

◆基礎年金を税方式にしようといっているのも外資。
半分が企業負担、企業全体では、ざっと4兆円負担。外資は、配当金を多く取りたいので、社会的コストを落とさせようとする。税負担にすれば、企業負担4兆円が減る。経団連と経済同友会が請求。商工会議所は請求していない。

 菅政権中枢にいる古川さんも言っている(これは岩上氏の付け足し)。

◆ニューヨークタイムズが、2005年9月11日の選挙報道を見て「日本のマスコミは、台湾、韓国以下で、北朝鮮並み」と報じたのを報じたのは、産経新聞。他の新聞は報じなかった。

◆消費税は絶対に上げてはいけない。税率が上がれば、税収が上がるという単純なものではなく、橋本内閣の時には、2%消費税率を上げて、4兆円増税して、税収は2、7兆円ダウンした(二見氏)。

◆フランスの財務官から消費税の原型みたいなものを聞く。大蔵省の話を聞くともっともらしい。直間比率がどうとかいう。大蔵省詰めの審議官、国会議員、与党、野党まで洗脳される。(二見氏)

◆超党派でやろうというのは絶対にやってはいけない。超党派ではまとまらないので、裏で官僚が絵を描く。経済学者や財政学者は大蔵省と付き合うのを喜ぶ。大蔵省の担当官から資料の説明を受けながら、全部洗脳される。だから同じになる。政権交代にならない。(二見氏)。

◆消費税を導入時には、非課税3000万、簡易課税は売り上げ5億円以下の場合とか甘言を弄し、反対者をねじ伏せてきた。が、どんどんとなくなった。今は、年収300万以下に派戻し税だしますよという甘い言葉があるが、注意。10%では、逆進性は無視できないだろう。(荒川税理士)

◆郵政民営化で、ちょうどそっくりアメリカの財政赤字が埋まる。消費税に目がいっているが、郵政が重要ではないかという質問に答えて。

 郵政民営化は、大前提が間違っている。「官から民」で、300兆円が民へ回せば民が活性化するというが、2004年ぐらいには、民はお金が有り余っていて、使いようがなかった。2000年度から2009年度の民間の銀行の国内向けの貸し出しは約50~60兆減っているが、国外向けの貸し出しは90兆から100兆増えている。主としてメガバンクは、地方から貸しはがしで引っ剥がして、そのお金を全部海外へ持って行っている。竹中さんになってルールが変わって、そうせざるを得なかった。民から召し上げて、海外へ向かった。その傾向が激しくなったのは、2005,6年から。「官から海外へ」

 郵政民営化は、もともとアメリカの要求。れっきとした外交文書として。日本の政府が公にしない。麻生さんから認めた。ゴールドマンサックスがもっとも旗を振る。共和党財務相は、ゴールドマンサックス出身だった。

 郵政保有の国債240兆は、アメリカの債務に符合する。アメリカの債務安定供給先を求めている。郵政保有の国債償還が本年度だけでも100兆円あり、外資のものになった場合に、非常に国家の危機であったが、2010年から始まる株式放出は、加速しようという意見もあったが、去年の12月、株の売却にストップをかけ国家の危機がストップされた。

 郵政改革案は、大塚副大臣のもとで検討された民主党案。岡田さんの時とは「生活が第一」へと民主党がガラッと変わった。

 郵政のネットワークは、まさに社会基盤。デフレで民間投資が出ないところにリスクの半分を官が取り後は民が取るとかで出していく。日本で大きなプラスになる。

 マスコミが正しく伝えようとしないことが現実で、国民に対してマイナス。

◆某みんなの党は、郵政改革法案を否定して、民営化断行、郵政の資産を売却すると。CIAの関係者と言われているジェラルド・カーティスが来日して、政府関係者と会った後、枝野さんとかいろんな方が、みんなの党と組もうと言い出した。カーティス氏は、みんなの党を市場を理解したリベラルな党と持ち上げている。(岩上氏談)

◆政府紙幣発行についての質問。政府紙幣は正常な考えではない。政府紙幣発行を言う人は、お金が量的にタダで欲しい。日銀は、利息を最終的に剰余金として国庫に納めるので、国に戻ってくる。日銀は、お金を刷っているので、国債を持つのはタダ。政府紙幣は、混乱するだけ。

 昭和恐慌の時は、政府が国債を発行し、日銀が直接買い取り、即効性があった。金利は半分ぐらいになった。アメリカ大恐慌の時は、アメリカ政府が国債を出すと、FRBが市中に出ている既発財を買い取った。市場機能を生かしながら。1933年の3月から1947年まで、短期0.375長期2.75金利が変わっていない。アメリカと同じやり方でやったらよい。

◆従業員給与が株主の反対で上げられないという話があったが、正規雇用者の給与分税控除など考えられないかとの質問。自見庄三郎さんが参議院予算委員会で言っている。韓国では正規社員を雇ったら税額控除を検討、韓国の国会で通った。

 正規社員を増やす。非正規社員全廃へ。

 詳しくは、Like a rolling bean (new) 出来事録さんで、ご覧ください。

(引用転載終わり)

これで竹の子新党の目論見と
マスコミから消えた久しい
普天間米軍基地問題と日米属国関係が見えてきます。

日本のマスコミは
米国発の報道でよく使われる
恫喝報道
「お父ちゃんが怒っている」
そう米国が怒っているから始まり
記事が出来ています。
注意して読めばすぐに読み取れます。

選挙戦の記事を観ても
消費税の話が出てきたとき
日本の財政が破綻する
消費税を上げろと大合唱から

国民の人気が悪くなると
年金が一番の関心事とすり替え
小泉・竹中の2代目?
ワタナベせいわかい(米国指定特別支店)の
候補者断然有利・・・

常に世論誘導するマスコミに
今回の参議院選挙でまともな情報発信する
netの力が試される。

マスコミ予想を覆した時
新しい一歩の始まりですね

マスコミ人気の悪い政党
社民党と国民新党を応援しよう
比例には社民党・国民新党
選挙区での
社民党・国民新党の候補者には
優先して応援

さらに植草一秀氏が提唱している1人が10人にメールで発信
その10人がまた10人に発信


瞬く間に正しい情報と

国会に送りたい候補者が当選する可能性が高くなります。

さあ、すぐに始めましょう。

もう日にちはありません


選挙で無関心とカッコウつけても

影のごとくどこへでも政治の結果はついてきますね。



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
最後まで読んでくれてありがとう。クリックで多くの方に知らせることができます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック