鳩山総理辞任・・小沢幹事長道ずれは売国奴の思うつぼ・・次の内閣に不満あれば修正させる力をつけよう。

一国の総理を辞任に追い込む
米国追随利権集団の怖さを思い知る。


6・2 朝鳩山総理は民主党両院議員総会で辞任を表明。

本人の弁から2つの問題として

1、社民党を連立離脱させねばならなかった
沖縄米軍基地の問題

2、政治と金

清潔な民主党を目指していたができなかった。

だから小沢幹事長にも一緒に辞めてもらいます。

ちょっと違うだろう。

沖縄の米軍基地普天間・辺野古問題では
本人の口から
「日米同盟をとるのか社民党をとるのかと迫られ
結局日米同盟を優先した。
(北朝鮮)をはじめとした不安定な状況から
アジアの安全保障のためである」と


防衛族・安保族が最後の切り札として
抑止力論に立つものである。

植草一秀氏が
辺野古・普天間の取り扱いについて書いているので
参照してください。

2010年6月 1日 (火)
御用評論家田崎史郎氏が普天間問題でまた暴論




さて、政治の金の問題であるが
推定無罪の原則を
総理大臣自ら無視したことになる


いかなる国民も
刑の確定しない人物は
無罪として扱われるべきである。
まして、小沢幹事長の金問題は
現在裁判中であり
その行方はまだ分からないのである。

昼からのテレビ放送は
鳩山総理辞任・小沢幹事長辞任について
胡散臭い街の声を流しているが

金の問題を意図的に流しているが忘れてはならないこと

1年半以上
連日マスコミで
小沢・金を探し続ければ
脳裏に刷り込まれることは当然であり
思考停止状態で・小沢悪人・金問題
を報道した売国奴の勝利である。


ここでも植草氏の
2010年6月 2日 (水)
鳩山総理辞意表明と政治とカネ問題への誤対応

を参照してください。

沖縄米軍基地の問題については
今日の朝日新聞(辞任会見前)

舟橋洋一のコラムに

鳩山総理とオバマ大統領の

食事会見の話が書かれているが

オバマ「信じてくれと言ったから公式発言は控えていた。
日米同盟をとるのか社民党をとるのかはっきりせい」
(後半は大阪弁で書いた)

ここに今日の鳩山会見で

日米同盟か社民党かが初めて出てくるわけですが

すでに朝日が先に書いているということは

別の筋から

鳩山辞任を聞いたことになる。

ここに朝日新聞の米国追随属国を見ることができるが


さらに
「日米同盟を強固にと」
「同日選挙で信を問え」
どこかの誰かが騒いでいたセリフ
「みんなの党」だったかな
ここまで書く朝日は
もはや日本国民の新聞ではない。

今回の辞任。
1年半以上執拗に民主党つぶしと
社民党外しに紛争した
米国追随利権集団の成果であろうが


ここからが日本国民の真価が問われる。
属国で過ごすのか
自立するのか
新自由主義の
自公プラスタケノコ新党に政権復帰のチャンスを与えるのか


それとも、民主党の中で右ブレを阻止続けた
社民党にもう一度政権の中で仕事をさせる
機会を与えるのか


今度参議院選挙は
これから3年先の日本を見据えて
考えなければならない大事な選挙である。

マスコミは関西毎日放送ちちんぷいぷいなどにでている
お笑いタレントを使い
さっそく子供手当で財政破たん
消費税を上げないと宣伝し始めている


民主党の次の代表は総理大臣
現職の閣僚は外すべきである
特に戦犯の
カン・センゴク・マエハラ・キタザワ・エダノ
さらにヒラノなどもってのほかである。

できれば小沢総理を押す勢いはあるか。

最後に、いくら鳩山が
米国に恫喝されようと
身の危険を感じようと
彼の口癖である
「国民とともに」を実践できなかったことが今回の結果である。


細川政権と同じく8カ月の政権運営。
日本の国民は我慢が出来ないのか
騙されやすいのかもう一度考え直す必要がある。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
広くみんなに知らせたいです

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック