社民党を応援するしかないでしょう。言葉を変えた国民生活破壊・戦争屋の菅政権

6月21日
大阪北区天神橋で

参議院社民党
大阪選挙区候補者
大川あきこ
全国比例候補
原 かずみ
両氏の決起集会が開催された。

画像

当日は
辻元きよみ衆議院
服部良一衆議院(大阪府連合代表)
両議員からの国会報告の概要を報告したい。

服部議員からは
「普天間の基地問題は昨年12月には
辺野古への結論を出す予定で
防衛・外務が進んでいたが、
社民党が粘りに粘って先延ばしをし
時間を稼ぎ、その間にグアム・テニアン移転
日米地位協定の見直に向け取組んだ」

「連立に際し3党合意の時にも
昨年の選挙のさなか、
鳩山総理は、沖縄米軍基地は
最低でも県外を表明し
沖縄では自民党議員が全滅した経緯があるのにも関わらず
合意文章に基地負担を見直す文言に抵抗した。
この時すでに、外務・防衛の官僚の抵抗が始まっていたと思われる
今回の菅政権は、鳩山時代より進んで日米軍事同盟という表現をしている
ここに菅政権の危険性があり、
インド洋の自衛隊派遣を中止した法案を、もう一度派遣するように計画している
現在の菅政権は自公時代に出来なかったことを代行している危険な政権である」
と。


辻元議員は
「今度の参議院選挙はどの政党が(竹の子新党)
民主党に影響力を持つのか、新自由主義を標榜する
みんなの党その他が影響力を持つと民主党の
良識派といわるる議員も流れていく
なんとしても食い止めなくてはならない。
10年20年先をみた時、今度の参議院選挙が
大きな政治の分かれ道となった(国民にとって悪い方の)と
言われないためにも全力でがんばらなくてはならない。
私たちにはお金がないから、コマーシャルもうてないけど
口コミで勝負しながら電波に勝る宣伝をしていこう」

(以上文責は私)

大川あきこ候補の話はブログで参照してください。

つくづく
カン政権が小泉竹中路線に傾倒しつつあることが明らかになった。

まず、カン政権の民主党と自民党・みんなの党・その他竹の子新党は
胴体が同じの八幡のおろちであること。

社民党がたがたゆうな(言うな)!
普天間だけで飯が食えるかとか
巷では演説中に声をあげてくれる人がいる。

しかし考えたら簡単なことです。
がたがたゆうなと言えるのも
孫と遊園地で遊べるのも
朝起きて、何事もなく一日が過ごせるのも
今度の休みはどこに行こうかと計画できるのも
全ては身の危険が日常にないからであり
これが平和と言われるもの
これを言葉にしたものが
憲法9条であり
生存権の25条である。


こんな簡単なことを
難しく言わなければならない
平和の大切さは
まだまだ私たちには遠い存在かも知れないですが、

それでも平和が1番と言い続け
政党として苦渋の選択でも筋を通した
社民党を応援したい。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
最後まで読んでくれてありがとう。クリックで多くの方に知らせることができます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック