公約を破りまくり日米利権集団にゴマをすりマスコミに恫喝される菅政権。民主の頭に(自)をつけた。

とうとうマスコミ総動員。
翼賛体制化の菅政権の本性が丸見えになってきた。

民主党という政党が国民と約束した
「国民生活第一」は破られ
「米国追随と大企業第一」に変更された。

その際たるものは
法人税の引下げ
消費税の引上げ
そしてなんだか知らないけれど
8団体(シンクタンク)が採点したら
合格点らしい。

この欺瞞は
植草一秀氏がブログで詳しく書いてくれています。
是非拡散して多くの人に知ってもらいたい
(ツイッターを利用している人はどんどん発信と拡散を。
私はまだツイッターに参加できてませんので)


総理が代われば政党の公約は変わるのであれば
それは詐欺である。
詐欺と言われたくないのなら
総選挙をして主権者の選択にゆだねなくてはならない。

公約を実行できない、努力しない政党は政党としての存在価値はない。
沖縄を切り捨て
米国にすりより
国民をないがしろにする政党・民主党の売国奴議員たち。

今度の参議院選挙は
正に米国追随政策と
市場万能主義、
大企業代優先
働く労働者大搾取政策を志向する
政党と候補者の総退陣させるべき選挙となります。

私はブログで書いているだけではダメと思い
今回社民党の応援を行うこととしました。

19日私の地元
大阪泉州岸和田市で
社民党参議院大阪選挙区候補者
大川あきこさんと地元を廻りました。


画像


地元でのおじさんの言葉
「いつになったら独立できるのかね
アメリカの言いなりばかりではどうにもならん。
小泉の政治には戻りたくないし
学会の人もぜんぜん反省なく
また、公明党をと訪問してくる
わざわざ、こんな田舎まで来てくれて
(政策)話をしてくれた社民党を応援するわ」

戦争体験をしたおじさんの話です。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
クリックで多くの方に知らせることができます

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック