1000円高速と憲法?


GWも最終日になりました。
この連休まったく関係のない人もたくさんおられたことと思います。
また、休みが多くて時給で働く人は逆に収入が減ることに悩んでいる人も沢山いたことでしょう。
そうゆう私も時給ですから今月は単純に7日分の収入が減りますが。
テレビ、新聞はGW前から高速が1000円通行できる事で停滞するだろうと予測をし
実際各所で大きな停滞渋滞が起こりました。

さて、日本の車所有台数が5000万台強といわれていますが、
どれだけの車が一斉に動いたのでしょうか?
1000円で高速を利用できる人たちは国民の何割に相当するのでしょうか?
こんなことは報道してくれませんよね。

1000円の高速料金にするために2年間で5千億円の税金がつぎ込まれていることも
報道しませんね。
高速のパーキングエリアでは飲食の消費が大幅に増えあたかも効果があったように報道されますが、一過性のものではないでしょうか?
それを証明するように、一般消費は低迷しています。
国民のささやかな長期?の休みGW少しぐらいは楽しもうという気持ちも当然理解できますよね。

しかし、国民のお金を預かり運営する政府はそのときの思いつきでお金を使ってはいけないでしょう。
政府はエコ!といえばなんでもOKのような宣伝をしますが、
1000円の高速よりも、公共交通機関を利用するように奨励すべきで、
5千億円の税金を投入するのが許されるなら、
公共交通機関の期間限定割引のほうがより多くの人が対象になるでしょう。

この1000円高速にはETC装置が必要になり口座引落しの信用証明が必要です。
時給で働く非正規の人たちには車の所有者も少なく、(サラ金のカードではだめです)
そして、ETCを管理する高度交通省の外郭団体が莫大な利益を得ていることも
本来は問題にしなくてはなりません。

5月3日は憲法記念日でした。
憲法9条、
世界平和のため国の意志で武力をもって国際紛争を解決する手段を放棄する
     そのためには陸海空の戦力は保持しない。
と決めました。

25条では
国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

1000円の高速運賃ばら撒き政策も馬鹿らしいが、
渋滞だ、停滞だ。トイレにいけないなどがニュースになることに感謝しなくてはならないのかもしれない。
なぜなら、平和であるからです。
勇ましく、北朝鮮攻撃しろ!ミサイルだ!海外派兵だ!
こんな社会だったら、高速の渋滞なんかはニュースにならないでしょう。

1000円の高速を堪能した人も、できなかった人も
等しく5千億円の税金を負担しなくてはならないのは事実ですが。

せめて5月の憲法記念日ぐらいは、
なぜ、自衛隊がソマリアに「海賊退治」ゲンダイ桃太郎物語をしにいくのか
海上保安庁ではなぜだめなのか?
海外で軍隊と見られている自衛隊が武器を使用することが
どんな意味を持つのか?
渋滞の時を思い出して考えてみるのもいいかもしれない。
無関心を決め込んでいれば、来年も平和である確証はない。


「宣伝です」
本日5月6日午後5時から
大阪梅田ヨドバシカメラ前交差点にて街頭宣伝します。
近くに来たら声かけてください


(次回は5月3日憲法記念日大阪9条の会の講演内容と雇用について)

ゆきひろ人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック