シャープな会社に・・

偽装と御用組合の弊害

偽装が当たり前のように報道されます。
職員組合、労働組合が存在しながら・・

シャープな会社も当たり前のように
労働組合が存在します。

私の所属する組合の支部は
本社・田辺・藤井寺支部となっています。
支部委員長は森田氏
書記長は瀧下氏

先日、ある職場で昼休みに仕事をさせる
それも全員に割当て仕事をさせる
休憩時間の仕事のあと、足らない休憩時間をとらす。
子の休憩時間は、昼職の時間、

私は思い余って
組合の片岡支部執行委員に事情を話をしました
私「突然の休養なら仕方ないでしょう、昼の休憩時間に仕事をするのも」
「一度職場を見に行って事情をしらべてください」

彼は見に行ったらしいです。
瀧下書記長に聞くと「休みを順番にとっているから問題ない」と
片岡氏の話。

私は、
休憩時間を一斉に取得させると労働基準法にも明記している。
日常的に、どの職場でも
なしくずしにされる事が全ての職場に影響が出る。

瀧下氏
届が(会社から)でていれば問題ない。
届が出れば検討に値する。

情けない話です。
執行委員も書記長も、労働法規も知らずして
企業のすることを鵜呑みにする

この体質が偽装を生み体質なのでしょうか
まあ、仕方ないですが
彼らの多くは
会社の推薦で(公には不当労働行為になりますが)
役員になり、将来が管理職ですし
今の組合から払う給料は、
管理職と同等  1千4百万円の年収です。

どこかの国の 防衛省の官僚級の年収です。
天下りは、企業の管理職。

嘘では在りません。
現に本部の役員を辞めた人
全てが職場復帰で管理職です。

さて、働くものの味方なんてもはや存在しない。
大手の企業では、でも選んだのは組合員。
議員を選ぶのも有権者。

愚痴を言う前にまず自分が反省しないといけないかも・
労働協約はあるが
守らせるのは大変
まだまだ民主主義
主権者が国民
選択権は組合員にあると自覚するまで
時間がかかるかも。

国会では、労働契約 
就業規則が労働基準法より優位になる法律が
通過、採決されようとしている
自民・公明・民主によって。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック