約束は破られるためにするものか?

約束。
私達の日常は、
口頭であれ、書面であれ
時刻表であれ小さな事から、
世界をうならす事まで

いずれかの方法でいろんなことを約束して成り立っている。

約束とも契約とも言われている。
約束も契約もお互いの信頼関係に基づき
お互いが「守る」という了解で成り立っている。

日常の約束事から
社会を動かす約束事までさまざまであるが、
約束が破られた時には、人々は怒り愚痴る。
「そんなはずではなかった」

しかし、日々の生活に影響する約束ごとはどうだろうか?
01年、「痛みを伴い、暮らしを良くする」
   「改革には痛みがともなう」
   「自民党をぶっこわす」
   「勤労者の税金は上げない」
05年 「郵政の民営化」
「反対するものは抵抗勢力」
そして当時の小泉首相の言葉を信じ
人々は信じて彼の所属する政党・自民党・公明党に多数を与えた。

結果は?
いま、私たちは痛みのど真ん中にいるとおもう。(私は)
企業が大収益を上げても
勤労者の所得は下がり続けている。
非正規、日雇い、派遣、首切りごめんのリストラ。
製造現場に不安定雇用をもたらした、派遣業の規制緩和という名の
無秩序労働現。

勤労者の税金控除がなくなり増税となる。
高齢者は年金から市民税の増税、介護保険利用者はランク下げられ、
介護を受けたくても1割負担が出来ないから我慢する。
障害者施設の自己負担増額、障害者の働く場を奪い命をも奪う。

約束を破られた。
相手はこのように言うでしょう
「約束をしたのではない、経済の上向きが
みんなの生活を良くするのだから、今が辛抱のしどころ」

いつまでも騙せないことを承知で言っている。
この不満の捌け口は、「北朝鮮の拉致と核兵器」に
ここでも問題のすり替えをやられている。

忘れてはならないこと、
05年の総選挙で、竹中大臣は
「国民のB級を先導すれば選挙に勝てる」
そう、国民はB級(ここでいうB級は程度の低いという意味で使われていた)
ただ単に、投票マシンとしか政治家には見られていない多数の国民。

約束を破られても騙されても何にも出来ない存在と見られている。
愚痴はもうやめたらいい。

怒りを行動で示す時、ここで示さないと本当に馬鹿にされる。
明日から参議院選挙、
よく聞く言葉で「選挙なんて投票しても変わらん」
こんな人は愚痴る資格もない。
投票しない、選挙に関心を持たないことが
カッコいいと思っているなら、
黙って時の権力についていけばおこぼれはくれるかも?

今回の選挙、年金もしかり、増税の張本人政党、自民公明もしかりだけど
本命は、日本が軍事大国なるか、アメリカのこま使いで自衛隊を消耗させるか
身内が「愛国・国際貢献」のなの元、命を落とすか。

この国に生きる命を左右する選挙で、憲法9条が9条でなくなるかもの第一歩です。
選挙に投票できることをまずすばらしいことと考えて。

わたしは、私の友人である、服部良一(社民党)を応援しています。
かれの声をぜひ聞いてください。
泥臭いが、真実と誠意が見える。

彼を通じて、私達が主役になり(主権在民)

破られた約束のお返しをしたいとおもいますが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007/7/7
2007年07月16日 08:06
この日は七夕。
毎年1回会う人と約束した人もたくさんいるでしょう。
会えましたか?
破った人は平気でも破られた人は・・・

この記事へのトラックバック

  • 福山雅治さんが参加

    Excerpt: 服部良一氏の生誕100年を記念し、昭和の名曲の数々を全曲新録カヴァーしたアルバムに福山雅治さんも参加しています。 Weblog: 福山雅治mania racked: 2007-12-15 08:55