ゆきひろ社会科日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「国家」とはを問いかけた、スコッランド独立国民投票。  そして沖縄。

<<   作成日時 : 2014/09/21 14:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

 
地球人口約60億人と言われています。
60億の「国家」があっても不思議ではないのではと
考えると、
 


個人が集団を形成するのには、
それぞれ訳がある。
一人で全てをまかない事が出来ないので
相互に助け合い生活をする。
その輪が大きくなり、次第に他の輪に対して
一緒になることを求め、同意しなければ
当然支配する者が登場し
強権で同意させる。
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
スコットランドの独立投票
結果は反対が55%で独立は成立しませんでしたが
21世紀の先進国で
武力に頼らない独立運動が起こった事は
歴史に新たな刻印をしたと思います。


 
TV報道では、反対派は経済が立ち行かない事を
何度も繰り返していましたが
新聞紙面では、サッチャーの強欲支配の
新自由主義政策に対し反対する人の声が
今回の運動を大きくさせたととも報道されたいます。


 
毎日新聞20日朝刊の
浜矩子氏のコラムの1節


『・・征服した方は、被征服者の痛みを容易に忘れる。
被征服者の思いは、時を超えて受け継がれる。
過去を忘れよう。かつて征服者だったイングランド人が
いくら呼びかけても、かつて独立国だったスコットランドの人々は
神経を逆なでされるばかりだ。
基地や原発などの迷惑施設は、なぜ特定の地域に
集中配備されるのか。・・最後は金目でしょう・・』



 
このコラムを読んでみて
真っ先に浮かんだ事は
沖縄の事である。
かつて独立国であった沖縄は
明治政府により日本に併合され、
琉球王室は東京に軟禁状態におかれていた事実を
学校で習った記憶がなく、社会に出るまで
昔から「沖縄」であったと思っていた。
 
============================

沖縄、辺野古の浜では
米軍の基地建設を日本政府が進んで取り組んでいる。
ここには、沖縄の人の声を無視した本土政府の
声ばかりが登場する。
征服された側の痛みなど感じない本土の人たちという
構図が浮かび上がる。
この構図は、3.11後原発事故にも通じるものが
あるのではないだろうか。

=============================

今回の投票はこれで終わりではないというのが
大方の見方ですが、世界の各地で自主独立を求める声は
歳月を経るごと大きくなる事でしょう。

「国家」とはなにか、政体を維持するために
存在するものなのか、
それとも、個々人の幸福度を上げるために
存在するものなのかが問われ始めたと考えます。
 
一部の人の為の「国家」を標榜する限り
必ずそこにはひずみが生じてきます

最後に、反対派は
「サイレント・ノー」
が押し上げたと言われています。
 
しかし、
格差と不寛容を認める日本、
侵略した事すらなかった事にする安倍政府には
「サウンド・ノー」でなくてはなりません。



成熟した英国と3流国日本とでは
その取り組みは変わるのです。
 
沖縄の人が今回の投票に至る経過について
どのように考えるかは
11月の知事選挙で勝利することが重要です。



「琉球新報参照してください

2014年9月20日
スコットランド独立住民投票 沖縄主権回復の事例に」



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
お邪魔でなければ広めてください
伊波洋一ブログ伊波洋一

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ランキングに参加しています。1日1回クリックお願いします

人気ブログランキングへ1回クリックお願いします

「子供達の未来を決めるのは大人たちの1票」バナー

伊波洋一ブログ伊波洋一
「国家」とはを問いかけた、スコッランド独立国民投票。  そして沖縄。 ゆきひろ社会科日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる